老後破産~恐ろしい現実!今なら回避できる!ある対策とは

老後

若くて元気なうちは老後破産のことなど
なかなかそこまで考えが及ばないとは思います。

 

しかし現実には2001年あたりから年々老後破産が増えています。

 

その原因は年金をもらえる仕組みが
2001年から段階的に変わったことだとも言われています。

 

要するに当てにしていた年金が当てにならなくなったわけです。

 

このままでは、憧れている悠々自適な老後どころか
いつ誰が老後破産に陥っても不思議ではないのです。

 

あなたも一緒に、若くて元気な今だからこそ出来る
老後破綻回避する対策を練ってみませんか。

 

そもそも老後破産に陥るキッカケは?

老後破産に陥るキッカケはズバリ「谷間の5年」に有ると
言われています。

 

年金の受給を61歳からスタートさせた場合
64歳までの年間受給額は約100万円(月額約8万円)です。

 

それに対して2013年度の「家計調査」によりますと
シニア夫婦の年間生活費は約300万円(月額約25万円)です。

 

その差は年間で約200万円なのですが
もちろん退職後も働きに出れば穴埋めにはなりますが
とても「悠々自適」な老後とは言えないでしょう。

 

また、現役で働いている間、収入が多くて
贅沢な暮らしをしてきた人ほど陥ることがあります。

 

収入が年金だけになっても
生活のレベルを下げることが出来ないのです。

 

まあ、確かに生活のレベルをいきなり落とすことは
みじめなものですよね。

 

その結果、退職金や預貯金を切り崩してしまう夫婦が
多いようです。

 

退職金、預貯金には手を出すな!

悠々自適な老後を夢見て、退職後にお店を構えるなど
何らかの事業をされたり、株などにつぎ込む方がいらっしゃいます。

 

中にはご自宅を抵当に入れて借金までされる方も
いらっしゃるようです。

 

年金が当てにならないのであれば
収入源を他に求めることは間違っていないと思います。

 

但し、その資金に退職金や預貯金をドンとつぎ込むことは
辞めるべきです。

 

退職金などまとまったお金が入ってくると
気も大きくなるかも知れませんが

もしも上手く行かなかったときは
完全に取り返しの付かないことになります。

 

元気な今の内から準備すること!

退職後にどこかに再就職して働くことを考えられる人も
多いと思います。

 

確かに再就職できれば収入を増やすことは
出来るでしょう。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

それは、本当にあなたが理想としている老後の姿ですか?

 

本当は今まで働いてきた自分へのご褒美に
好きなところに好きなだけ旅行をしたり
今までゆっくり出来なかった趣味を追及したり
したいのではありませんか?

 

中には再就職のことなどまったく考えずに
のんびりと田舎で暮らすことを考える人も
いらっしゃるかもしれません。

 

やはり、理想の老後を手に入れるためには
体力も収入にも余裕の有る今から準備をするべきです。

 

まとめ

先ほども申しましたが、若くて元気なうちは
なかなかそこまで考えが及ばないと思います。

 

しかし、必ず誰にも老後はやってきます。

 

ですから、若くて元気な今だからこそ
理想の老後を手に入れる準備をするべきです。

 

安全に無理することなくコツコツと準備を進めるべきです。

 

・預貯金を崩さない!

・借金など絶対にしない!

・隙間の時間で出来る!

 

これが、あなたが準備をする理想の条件です。

 

がんばってくださいね!

他では絶対に教えてくれないない!もうひとつの年金!