派遣社員は35才で定年を迎えて、その後は仕事を紹介されないって本当?

nakasii
派遣など”非正規”の現実。
40才を過ぎると仕事は殆ど紹介されなくなり、50才を過ぎるとを過ぎると
契約は切れる。

派遣法改正」により、今は派遣など”非正規”で働く人が急増していますね。
多くの人は派遣会社と契約し、仕事を行うのですが、その多くの場合は
派遣会社から仕事を紹介され、更に言えば「お願い」される形となっています。

そして、仕事を辞める時も、派遣会社から必死で”引き止められる”、あるいは
積極的に「どんな仕事をしたいのか?」「こんな仕事はどうだ?」
「是非この仕事で頑張って欲しい!」などの感じで仕事を”お勧め”
されます。

そんな環境の中、多くの人は「派遣会社が仕事を紹介してくれるので大丈夫!」
だと思ってしまい、”安心”してしまいますね。

しかし、眼を覚ます必要があります。

派遣社員は派遣会社にとって、結局は”使い捨ての駒”です。
よって、チヤホヤされるのは、今の”若い内”だけでしょう。
何せ”35才定年”だと言われている派遣の世界。
年を取り、早ければ35才、遅くても40才で仕事は極端に紹介されなくなるでしょう。

そして50才を過ぎれば、派遣会社から契約を切られ、”捨てられる”事になります。

よって、将来に対して別の計画があり、例えば
「資格を取って将来は別の”専門”の仕事をする!」
「進学をする!」
「生活費を貯めながら就職活動をする!」
など何かしらの”目標”に向かいながら今しばらく派遣で働く事によって
資金や生活費を稼ぐのはまだ良いのです。

しかし、何も計画も目標も無く、「これからもずっと派遣で働いてもいいや」
と思いながらついダラダラと働いているのなら・・・

将来は危ないですね。

それってつまり、自分の10年後、20年後、さらに30年後の人生を”35才定年”
の派遣会社に任せている事になります。

貴方は自分のたった一つの大切な人生を、”派遣社員を使い捨ての駒”としか
考えていない派遣会社に任せることが出来ますか?

出来ませんね。

今はまだ年齢は若く、派遣会社からは色々と仕事を紹介されるのですが、
そこで気を抜いてはいけません。

よって、私も自分の大切な人生をたった一つの派遣会社に任せたくないので、
今は在宅で出来る副業で生活に困らない程の権利収入・不労所得を入手出来る
システムを建築しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?