ネットワークビジネスでデート商法をするのは何回まで?

N825_roshiabounoonnanoko500thumb750x5002250.jpgート商法にこぎつくとネットワークビジネスの勧誘だと思われにくい!?

ネットワークビジネス業界では友人達をビジネスの勧誘だと言いにくいので、デート商法に遊びに誘ってから勧誘するという手法もあるようですね。

何でもデート商法のように勧誘をすれば自然に友達と会えるとお聞きしています。

あと男性は女性のお誘いには断る人がいないのだとか…

しかしこの欠点はデートという名目で友達を誘っているため、どのタイミングでネットワークビジネスだと切り出せばいいか分からない、あと勧誘対象が全て男性になってしまうため、男性しかターゲットにできないという欠点もあると―

ちなみに名前がデート商法なので女性から男性は行けますが、男性から女性はいけないですよね(笑)

そうですね、このデート商法のような勧誘ですが、男性が女性からネットワークビジネスの勧誘を受けて話を聞きにいくと、「お前は女性目的でネットワークビジネスに興味を持ったんか?」とアップに言われましたね。

まぁそういうことを言うアップはビジネスでも全然上手くいかないんですけど、デート商法のように、女性から勧誘をされるとそのように誤解されるのも厄介ですよね。

こっちがネットワークビジネスの可能性を感じていたなら特にです。

たまに女性という力で男性をそのようにネットワークビジネスのイベントなど、高額製品を買うときにデート商法まがいのことをされる方もいます。

しかしこのような手法を使っても有効なのは1回だけで2回目は続かないですね。

ネットワークビジネスはリピートが起こってこそ成り立つビジネスです。

製品の流通にしてもそうですし、イベントの動員にしてもです。

相手に楽しいって思えることをずっと提供し続けなければいけないんですね。

仮にデート商法で男性と肉体関係を持ったり、カップルのようなシチュエーションを毎回提供できるならその手法もありです。

現に男性もそういうことをイメージして女性からのお誘いにのっているでしょう。

しかしそういうことができないのであれば、やっぱりこの手法はしないほうがいいですね、最悪男性側が変に誤解をしたときに女性はいらんトラブルに巻き込まれると思います。
【注目】リストアップしてアポを取るやり方はもう古い!