金持ちも貧乏も遺伝する?脱出には「3つの考え方」を変えろ

辞める

あなたは「金持ち」や「貧乏」は遺伝すると思いますか?

 

たとえば親が金持ちで、その財産を相続すれば
単純に金持ちになれることもあるでしょう。

 

また、幼少期から湯水のごとく教育や習い事にお金を掛け
能力を高めることは親が貧乏では難しいことです。

 

確かに金持ちの子は金持ちに
貧乏な子は貧乏になる可能性が高いとは言えますが
必ずしもそうだとは限りません。

 

実は親が金持ちだとか貧乏だとかに関係無く
金持ちになる人には共通する「考え方」が有ったのです。

 

これさえ身に付ければ、たとえ能力の無い人でも
貧乏から脱出できるはずです。

 

金持ちは「金持ちにふさわしい人物になる!」と考え
貧乏人は「直ぐに金持ちになりたい!」と考える。

たとえば貧乏人ほど「宝くじ」を買います。

 

運だろうが偶然だろうが、金さえ手に入れば良いと
考えているわけです。

 

ところが、そんな金はどんどん出て行ってしまいます。

 

現に当選者の何割かは後々破産しているようです。

 

お金持ちにふさわしくない人物からは
お金は逃げていくということです。

 

本物のお金持ちはその事を知っています。

 

ですから、何事も失敗することなど恐れずに
経験することから多くを学ぼうとします。

 

そして、成功にふさわしい人間になろうと
考えるわけです。

 

その結果、益々お金のほうから寄ってくることになります。

 

金持ちは「誰と付き合うか!」を慎重に考え
貧乏人は「誰とでも付き合おう!」と考える。

人の年収は付き合っている人の年収の合計を
その頭数で割ったものとほぼ同じだと言われます。

 

ですから、年収の高い人たちと付き合えば
その人の年収も上がることになります。

 

本物のお金持ちはその事を知っています。

 

ですからお金持ちは自分よりも更にお金持ちと付き合って
刺激を受けたり、お金に対する独創的な考え方を学ぼうとします。

 

一方、貧乏人は今の境遇を愚痴ってみたり
また、変化することに臆病で消極的な人であろうが
付き合ってしまいます。

 

お金持ちは「リスク」を怖がらず
貧乏人は「リスク」を極端にきらいます。

お金持ちは「リスク無しで自由やお金を得よう!」などと
虫のいいことは考えません。

 

また、リスクを覚悟してチャレンジしない限り
自由やお金を得られないことを知っています。

 

一方、貧乏人は子どものころから
「チャレンジなどしないで無難に生きろ!」と
周りの貧乏人から教えられています。

 

その結果、変化しないことこそが安定だと
大きな勘違いをしています。

 

リスクが嫌ならば、黙って一生金持ちに使われる
人生を送る。

 

それが嫌ならばリスクを覚悟してチャレンジして
自由やお金を手に入れる。

 

この、二つに一つしかありません。

 

間違いなく言えることは
本当は不安や不満が有るにも関わらず何もしないでいたら
絶対に変われないということです。
成功へのアプローチ!大逆転策はこれしかないです!