ネットワークビジネスのトラブルは事前に防げる―

19610557_sットワークビジネストラブルになりやすい勧誘方法とは?

ネットワークビジネスって勧誘の仕方に問題があってよくトラブルになりやすいですよね。

私が実際に見たネットワークビジネスのトラブルについて話していこうかと思います。

これはサプリを勧めたときで、興味のない人にサプリを飲めだの、この本を読めだの言ったことで大喧嘩に繋がったことがあります。

しかも相手が少しうつ病やったのでその暴れ方は異常でした。

あれには私もびっくりしましたね。

サプリを勧めた方も、「自分はネットワークビジネスは向いてないんかな?」とへこんでいたり、このトラブルをアップ、アップラインに報告すると電話がかかってきてアップも少しへこんでいましたね(笑)

こういったトラブルはどうなんでしょうねぇ、私も現場付近にいたんですが、防ごうと思えば防げましたし興味のない人に無理やり物を勧めるとこういった喧嘩にまで発展するんですね。

あとは化粧品やサプリメントなどその分野に専門的な人にそういう製品を勧めることもトラブルの原因に繋がりやすいです。

これはアップがよくトラブルになっていましたね。

私の知り合いの女友達と遊んだときに、アップがその子達に自然とネットワークビジネスを勧めてくれたんですよ。

で、美容関係に携わっていること子と栄養士関係に携わっている子にサプリメントを勧めていたのですが、「サプリはあまり体によくない」とか「私の専門分野にたて突く気!?」のような態度を取られていましたね。

アップも、「このサプリは普通のサプリとは違うねん」ようなことを言っていましたが、このままいい続けるとトラブルになりそうな雰囲気がありました。

最終的にはアップが話しするのをやめましたが、専門分野を勉強している人にネットワークビジネスの製品を勧めると誤解されやすいというのが、身にしみて分かったようにも思います。

もしここで製品ではなく、ビジネスチャンスを勧めたらどうでしたでしょうねぇ。

ピンと来る人にはいいかもしれませんが、そもそもネットワークビジネスに興味があるかどうか分からない人にいきなり勧めるのはちょっと微妙な気分にもなりますよね。

そのやり方を続ければ信用、お金全てを失います!