サラリーマン家庭に圧し掛かる奨学金!あなたの家庭は大丈夫?

普通の主婦がサラリーマン夫の給料を超えた在宅ワークの秘密を公開

images (41)

学生が自立して学ぶことを支援する為に進学費など学生本人に貸与され、学生本人が卒業後に返還していく制度で奨学金制度と言うものがあります。

この奨学金制度がサラリーマン家庭の借金として重荷になるケースが増えているというので調べてみました。

すると、ここ数年の大学生の4割以上が奨学金制度を利用し、その1/4近くの利用者の総額が500万円以上にもなるという現状が見えてきました。

500万円以上もの奨学金を借りられると言うことにも驚きましたが、卒業後に果たしてその学生は500万円もの奨学金を返還することが出来るのでしょうか?

ちなみに2013年の大卒の初任給の平均は19万円だそうです。

奨学金への知識の乏しさが、安易なマネープランを設定している

「日本学生支援機構」の奨学金には利息が付くものとつかないものの2種類あるそうです。借りたお金は卒業後に返済が開始され、返済期間は最長で20年あるそうです。

かりに、大卒ですぐに返済開始して20年だとすると42歳まで返済が続くことになります。

22歳で就職した勤務先の収入を想定したとしても、現実は就職出来ているかもわかりませんし、高校生にその判断は難しいでしょう。

晩婚化の影響で子供が卒業する頃には、親は定年を迎えている可能性もあります。

奨学金の返済の為に借金などすることの無いように、卒業を迎える前から返済の準備を始めておくことをお勧めします。

そのためにも、サラリーマン家庭なら特に、今の収入以外の収入源を作りたいものです。

普通の主婦がサラリーマン夫の給料を超えた在宅ワークの秘密を公開