ボランティアをする人こそがネットワークビジネスで成功できる!?

12709075_sットワークビジネスで成功している人ほどボランティアをする傾向がある!?

ネットワークビジネスのミーティングに行くと1度は聞いたことがあると思います。

世の中で豊かな人というのは、自分の生きているうちにやりたいことを全て終わった人のことを指すようですね。

自分のしたいことが終わった人が次にすることがボランティアだそうです。

何となく理屈が分かりますね。

自分のしたことが相手に喜んでもらえるから。

「世間の人らはそんなに余裕ないやろ」、とネットワークビジネスの成功者は言っていましたね。

そうですね、私も以前ネットワービジネスをしていたときに、年収3000万の成功者がいたのですが、その方もボランティアをされていました。

ワクチンの寄付でミーティングの費用は全部そちらのほうにまわしていた模様。

ネットワークビジネスに限らず一般的の成功者といえば、豪遊してそうなイメージがありますが、ボランティアをされているとその方の人間性もよく分かりますし、いい意味で親近感も沸きますよね。

が、私が見てきた中ではもっと凄い成功者がいます。

それは、自分が成功する前からボランティアなどを積極的にする方です。

ネットワークビジネスで成功したからボランティアに走るというのは、ベタな感じがしますが、自分が成功する前からボランティアに走るという人はなかなかいませんよね。

これは与えたものは必ず与えられるという精神から来ています。

ネットワークビジネス界でもよくいいますよね。

ギブアンドテイクはいいけど、この業界ではギブアンドギブぐらいがちょうどいいと。

与えたものは必ず与えられるから先に自分が仕掛けることでその見返りが何倍にもなって返ってくる。

だからボランティアも含めて人に与えて与えて与えまくることが成功に繋がるのだと。

実際に従来のネットワークビジネス、インターネットの業界でも人にたくさん与えている人というのは大きな成功を収められていますね。

そんな感じがします。

【注目】リストアップしてアポを取るやり方はもう古い!