家計が苦しいと伝統文化も危ない?! その原因は?そして今月消費率調査の結果は・・・?

syokunin

10月の家計消費率は前年度と比べて4.0%減少

最近消費税が上がりました故、多くの人は余り買い物しなくなりましたね。
この様な現象を証明、今月(11月)の28日に総務署のある調査結果を発表しました。

調査によりますと、2人以上いる世帯で10月での消費率は、前年の同月より、”4.0%”も減少していました。
これは今年4月から消費税を上げた後、今の11月まで7ヶ月連続に続いている現象です。

7ヶ月連続消費率は前年度より下回っている。
それはつまり、多く家庭の経済状況が苦しくなっているという事になりますね。

「税収を増やすために消費税を上げたら逆に消費が冷え込む事によって税収は減った。」
非常に皮肉な事ですね。

もしこのままの状態が続き、さらに国民の声を無視して消費税を上げましたら、国民の生活が苦しくなるだけではなく、様々な伝統文化にも影響を及ぼすと私は思います。

何故かというと、多くの伝統技術によって生み出される製品は質の高い素材を使い、技術力の高い”職人”の手作りによって生み出される事になります。

そのため、その様な”職人技術の塊”の様な製品は、工場で大量生産されたの製品より遥かに”高値”なのが殆どです。

もし経済状況が苦しくなりましたら、多くの人は高品質で値段の高い物より、品質が悪くても工場で大量生産された”安物”の方を購入する事になるでしょう。
安物が好きのではなく、「値段の高い高品質なものを購入する”余裕”が無い」のです。

そうしますと、職人の手で生み出された高品質なものが売れなくなり、商売が成り立たなくなりますね。
いくら製品の品質が高くても、それを購入する人が居なければ、最終的にはお店を畳むことになってしまいます。

よって、国民の経済状況を改善し、消費率を上げる事は伝統のお店や文化を守る面でも非常に重要でしょう。

ちなみに、私はこの様な増税ラッシュで給料が一向に上がらない中、将来会社から離れても生活に困らないように、今自宅でできる”副業”で権利収入を得えるシステムを建築しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?