3人に1人がストレスで「仕事うつ」?!その原因は職場?そして解決するためには・・・?

sigotoutu

働き盛り30代~40代は仕事での責任が重くなるにつれ、ストレスが一番溜まりやすい時期ですね。
加えてこの年齢層は「家庭を持ち始める」人が多いですね。
家族を養う必要がありますので、例え仕事が自分に合わない、職場が気に入らなくでも、簡単に退職したり、転勤をすることは出来ません。

そのため、(30代~40代)は仕事が原因で気分が落ち込む病気、いわゆう「仕事うつ」を持っている人も一番多い年齢層だと言われています。

ある30代~40代のサラリーマンを対象に行ったアンケートによりますと、3人に1人が仕事うつという結果になりました。

仕事がうつになるけど、生活や家族を養わなければならないために辞めることは出来ない。
殆どの人はこの様な状況に陥ていますね。

よくテレビ番組で仕事うつに関する特集を放送していますけど、その内容は殆ど「カウンセリングを受けよう!」「家族と相談しよう!」という内容でした。

確かにそれは間違いありません。

しかし、「カウンセリングを受ける」「家族と相談する」、さらに「旅行に行って気分転換する」などの方法は結局一時しのぎ根本的な問題は解決していませんね。

特に「旅行に行って気分転換」という方法。
確かに旅行中は嫌なことを全て忘れ、気分転換が出来て楽しいのですが、旅行が終わりに近がつくと「あ~あ、まだつらい日が始まるのか・・・」と思うようになり、逆にうつ病が酷くなるので”逆効果”になるのではないでしょうか?

もし本当にサラリーマンの仕事うつを解決したいなら、根本的な仕事や生活の環境を変えなければなりませんね

ただ、これからは企業側も段々人材や若者を使い捨てする様になり、政府や役人も国民を税金を生み出す機械としか考えていない様になるでしょう。

そのため、私は「社会全体の環境や意識を変えることが出来ないなら、自分で会社に依存する必要の無い”別の収入源”を作れば良い!」と考えるようになりました。

よって、今は在宅で出来る”副業”で将来会社から離れても生活に困らない程の権利収入を得えるシステムを建築しています。

権利収入でしたら、労働収入と違い、例え病気や事故によって仕事が出来なくても、自動的に収入が入ってくるシステムとなっていますので、イザ仕事が出来ない時の保障となります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

将来生活に困らない程の権利収入・不労所得を得る方法とは?