働く女性、月々の給与額ランキング!高いものは高い。低いものは・・・

会社で働く女性って、月々貯金額はいくらなのでしょうか。

ふと気になり、会社などから給料をもらうために働く女性月々貯金額を調べてみました。なかなか貴重な情報かもしれませんよ。

働く女性の月々の貯金額を、額ごとにランキングで示すと、こうなっていました。

(2015年2月アメブロニュースより)

 

1位 → 「2万円以上~4万円未満」(21.9%)
2位 → 「4万円以上〜6万円未満」(18.2%)
3位 → 「1万円以上〜2万円未満」(14.1%)
4位 → 「8万円以上〜10万円未満」(9.4%)
5位 → 「1,000円未満」(8.8%)
(6位以下は省略)

 

月々の貯金額が2万円~4万円の女性が、全体の2割を超えていました。
毎月8万円以上思いっきり稼いでいる方もいますが、その一方で毎月1000円未満しか貯金できていない、という女性が1割近くいるのにはびっくりしました。

在宅ビジネスをお探しのあなたは、どちらに当てはまるでしょうか。

 

そして、ここで気になるのは、これだけ貯金して何に使っているのか、あるいはどうしてこれだけの貯金額になるのか、ということです。
同じくアメブロニュースに載っていた内容をもとに、人数でランキングTop 5にいった貯金額を稼いでいる女性の方々からいただいたコメントには、こうありました。

(対象は35歳未満の女性)

※   ※   ※

8万円以上〜10万円未満
・「大体年間100万円貯金が目標。そこそこ倹約生活をしていて、ひとり暮らしだが大丈夫」
・「月に8.5万円の定期預金。お給料もそんなに使わないので、自然と貯まる」

4万円以上〜6万円未満
・「給料自体は多くないけれど、実家暮らしなのでゆとりがある」
・「5万円は先に貯蓄にまわす。余ったら合わせて貯めるようにしている」
・「本当はもっと貯金したいが、服や化粧品を買うのでこれでいっぱいいっぱい」

2万円以上〜4万円未満
・「3万円。親に毎月このくらい貯金しろと言われているので、言うとおりにしている」
・「今の給料ではこのくらいが限界(当時29歳)」

1万円以上〜2万円未満
・「月3万円が目標だけど、趣味に出費が重なるとどうしても難しいときもある」
・「ひとり暮らしをしていてあまり余裕がない」

1,000円未満
・「給料が少なくて貯金できない(当時33歳)」
・「使っていたらいつのまにかなくなる。貯めようと思えばいつでも貯められると思っちゃう」
・「貯金をする余裕がない。生活費や、なんやかんや買っているとなくなってしまう」

※   ※   ※

上のコメントはあくまで目安ですが、在宅ビジネスをお探しのあなたは、大体は月々の貯金額は「1万円以上~2万円未満」か、「1000円未満」のどれかに当てはまってくるのではないでしょうか。

今の仕事の給料だけでは、生活していくのにお金がない・・・。
しかもまだ結婚していないから、結婚して世帯を持ったら、今の貯金は一気になくなるかも。

もっとお金が欲しい!

貯金用の口座を作って、堂々と貯金したい!

在宅ビジネスは、そうしたあなたのために、ぴったりの選択肢です。

特にパソコン一台でインターネットがつながれば、コツコツお金を貯めていけるネットビジネスは、余暇の間にできるビジネスとして人気なんです。

私もネットビジネスをしていますが、ちょっと異色です。

データ入力のように、働いた分だけお金が入って終わり、ではなく、あるちょっとしたことをしただけなのに、収入が20ヶ月も続いていて、貯金が続いているんですよ。

●パソコンからお金が泉のように湧き続けるネットビジネスとは?!●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。