SNSのTsu(スー)は最初に始めた人が大きく儲かるMLMってマジ?

tsuに群がる人々が、最終的に目指すものとは!?

Pride-of-Aloha

 

稼げるSNSのTsu(スー)をfacebookで紹介してる人が多いけど、どうなのよ?

SNSTsuスー

この名前を聞かない日はないくらい、ウザイくらいみんな紹介してますね。

まさに、「猫も杓子もTsu」状態・・・

 

私のfacebookも、友達による紹介投稿ばかりでカオスになっております。

一部では「facebookを倒すSNS」なんて言われてるそうですね。

日本語対応してないですし、正直使い勝手的にはどうなのかなと思います。

 

それでもみんながこぞってTsuの紹介しているのは、稼げるからですね。

広告費の90%を利用者に還元、10%をSNSの運営会社がもらう。

通常は広告費の全部をSNSの運営会社がもらうので、これは画期的だ!

そう思った人がたくさんいるんですね。

 

Tsu(スー)の報酬の仕組みはネットワークビジネス(MLM)にそっくり!?

簡単に稼ぎの仕組みを説明します。

あなたの紹介で参加したAさん、

Aさんの紹介で参加したBさん、

Bさんの紹介で参加したCさん

あなたがTsuを紹介して、参加者を出すことができれば、3段目まで(ひ孫ユーザー)の紹介者までが報酬の対象となる仕組みです。

 

Cさんが投稿したコンテンツ(動画など)で、100ドルの報酬が発生した場合の取り分はといいますと・・・

まずはSNS運営会社が10%の取り分(10ドル)をとります。

コンテンツを投稿したCさんが残り90ドルの50%(45ドル)の報酬を獲得します。

Cさんを招待したBさんは90ドルの33.3%(29.7ドル)の報酬を獲得します。

Bさんを紹介したAさんは90ドルの11.1%(9.99ドル)の報酬を獲得します。

Aさんを紹介したあなたは90ドルの3.7%(3.33ドル)の収入です。

 

コンテンツを提供したCさんが50%をもらうというのは納得の仕組みですね。

この収入のもらい方ってネットワークビジネス(MLM)にそっくりです。

 

Tsu(スー)とネットワークビジネス(MLM)の仕組み、ここが決定的に違う!

Tsu(スー)の仕組みを知った人の中には、そう思った人もかなりいるみたいです。

しかし、ネットワークビジネス(MLM)との決定的な仕組みの違いもあります。

Tsuは最初に入ってガンガン紹介出した人が儲かる仕組みです。

 

ネットワークビジネス(MLM)はいつ参加しても、自分の頑張りによって紹介者(スポンサー、アップライン)以上の収入を得ることができます。

ここがネットワークビジネス(MLM)が公平と言われる所以ですね。

 

Tsu(スー)への登録にはMixi(ミクシー)のように招待が必要!でも心配は不要!

N825_roshiabounoonnanoko500-thumb-750x500-2250

 

Tsu(スー)への登録はMixi(ミクシー)のように招待がないと参加できません。

ただ、みんな報酬が欲しいので、招待がなくて登録できないということはないですねw

今は英語での登録になってしまいますが、そのへんも詳しく説明されたウェブサイトがあるので見てみてください。

登録についても、誰から登録したかで仕組み上、不利になるようなこともないのでお好きな方から登録してみてください。

中には、自分から登録してくれた人には特典を付けます

なんて人もいるので、なるべくいい特典をくれる方から登録するのが良いかもしれません。

 

流行る廃れる?成功者、ネオヒルズ族、トップアフィリエイターでも意見が違う?

facebookよりも盛り上がりそう、そんな風に言われることも多いTsuですが、トップアフィリエイターと言われる人や、ネオヒルズ族という成功者でも意見が分かれています。

 

Tsuが話題になるだいぶ前から情報を知っていて、ガンガン紹介している成功者もいます。

一方、あるトップアフィリエイターはこう断言しています。

「稼ぐことに抵抗がある日本では絶対に流行らない。」

「稼ぎたい人しかいないSNSに誰が広告を出すのか?」

 

また、ある有名人ではこんなつぶやきをtwitterでしています。

「みんな僕を招待したくて誘ってくるけど、絶対入らない!」

有名人が自分の紹介で入ってくれれば、自分の収入が莫大になると見込んで、トップアフィリエイターやネオヒルズ族、有名スポーツ選手をtwitter等で勧誘している人が多いみたいですね。

たしかにこれはウザイ・・・

Tsu(スー)がfacebookを超えるような盛り上がりを見せるのかどうか、、、楽しみですね。

 

ネットワークビジネス(MLM)で安定した権利収入の不労所得があればTsuは不要?

私がTsuをやらない理由はいくつかあります。

 

1.労力の割にあまり稼げなさそう

全く稼げないことはないと思います。

というか、ごく一部の人は大儲けすると思います。

ただ、後発組が大儲け出来る可能性は極端に少ないと思います。

私もトップアフィリエイターの言うように、そこに企業が広告を出しても効果があまり見込めないのではないか?と思っていることが大きいです。

広告を出すならば、Tsuユーザーの属性から考えて、一般企業の広告ではなく「これで稼げます」みたいな広告がいいでしょうね。

 

2.すでにネットワークビジネス(MLM)の不労所得の仕組みを構築している

日本ではネットワークビジネス(MLM)ってイメージが悪いですが、なんでTsu(スー)は抵抗ないんでしょうかね?

みんなSNSや会話で友達や家族を勧誘していますね。

これって、やっていることはネットワークビジネス(MLM)と全く同じです。

 

同じ労力を使うなら、より安定した不労所得を稼げる仕組みを作ることに力を注ぎたいです。

ネットワークビジネス(MLM)である程度成功している人から見ると、魅力が少ない気がします。

「Tsuで1円稼げた~!」

って大喜びしている方がfacebookにいましたが、、、

 

tsuに群がる人々が、最終的に目指すものとは!?