年金の仕組みは借金?日本の未来を救うネットワークビジネス

ネットワークビジネス未来は明るい??
日本は団魂世代の退職などによって年金の支払い額が増額しています。しかし、少子化によって、年金制度を支える若者たちの数が減ってきていることは、以前から予想されてきたことです。この年金制度仕組みから見ても、すでに年金を受け取っている人たちのために作られた制度といえます。

 

政府が閣議決定した平成26年度の一般会計歳出歳入の予算内訳を見てみましょう

 

☆国の歳入、つまり国家予算が約95.9兆円

☆国の歳入95.9兆円のうち、税収は約50兆円!?

 

では、残りの約45.9兆円はどこから賄っているか??

ご存知のとおり、国債!つまり、借金です。これは最悪の数字です!!

 

この借金は若者世代に負担をしてもらう仕組み

驚くべきことは、歳出の約54%が、年金なのど社会保障関係に使われているということ!

 

退職するころに年金制度は、まだ存在しているか??

考えるのが怖くなりますね・・・

 

これ以上、日本の借金を増やさないためにも、消費税率は必ず上がっていきます。そして、日本は厳しい状況に置かれているのが今の現状なのです。

 

 

自分の生活は国に頼るという発想ではなくて、自分で守る時代でしょう!

 

そんな時代が来ているのだと思っています。とはいえ、企業の正社員採用は相変わらず厳しく、男女問わず優秀な人でも契約社員やパート、アルバイトとして働くようになりました。安定した収入を確保するのが難しい状況になってきているのです。

 

 

ではどうしたらいいのか?
いくつか選択技はあるのでは?
1000万円以上の高所得を得られるネットワークビジネスは、頑張り次第では年金に頼らずに生活できるのはもちろんのこと、高額納税者にもなるわけです。つまり、1人の力はわずかかもしれませんが日本の未来を救う一助となるのです。

 

ネットワークビジネスは、国内だけで1000万人の市場規模がありますが、例えば、そのうちの3分の1の人たちが高額納税者になったとすれば、国の税収はバカにできません。
私がネットワークビジネスに取り組み始めた10年前は、派手な服装の人たちや高級車を乗り回すなど、バブル的な人ばかりでした。でも、最近の成功者は、真摯な気持ちで取り組んでいらっしゃいます。ネットワークビジネス業界全体が、努力しており、これから世の中に認知されていくのは時間の問題でしょう!

 

主婦から定年退職を迎えた人たちまでが、個人事業主として取り組めるこのビジネスです。ネットワークビジネス業界と全体の透明性と公共性が高まっていけば、日本の危機的な状況を救う一大産業となるのは予想されていることなのです。

 

21世紀はネットワークビジネス抜きでの流通は考えられない??

これからの常識となっていく??

 

著名な評論家の著書の中にも書かれているぐらいです。問題意識が高い人や社会の一員として楽しく暮らしたいという人たちに支えられているネットワークビジネス業界。世の中に、なくてはならない産業として認知されている時代がもう目の前まで来ているのです!

 

21世紀の流通の仕組みは、ネットワークビジネス抜きで考えられない!だからこそ目を離さないで真剣に考えたいのもです。

 

とはいえ、ネットワークビジネスは友人や知人などを勧誘しなければならないと考えている方も多いでしょうね。

 

あなたが、ネットワークビジネス失敗者だったり、これから始めようと考えている方でしたら秘策があります。これは、私が、友人を誘えなくダウンが増えないという状況から脱することができた秘策です。

 

詳しく説明することが困難なため、興味のあるかたは、下のリンクからご覧になってください。では、ここまでありがとうございました!

 

年金に変るネットワークビジネス!?友人や知人を誘わず成功する秘策