40代以上の貧困高齢ニートが本物のリッチニートに変身する方法

Photo man and money

40代以上の働けるのに働かない貧困高齢ニート」がなんと、45万人を超えるそうです。

予備軍を入れると200万人いるという意見もあります。

 

真の貧困者は年老いた高齢の両親

働けるのに働かない、40代以上の高齢ニートを養うのが、高齢の両親。

年金や貯金を切り崩したり、パートに出たりして、お小遣いを渡しているそうです。

お小遣いをためて旅行に行く人もいるのだとか。(フジテレビ「ノンストップ」より)

 

本人は貧困だと思っていないのかも知れません。貧困になっていくのは年老いた両親の方です。

 

働いたら一生負け続けるのか高齢ニート

数年前に「働いたら負けかなと思っている」と言ったニートの言葉が名言になりましたね。

若者は、毎日会社に縛られ、疲れた親の姿を見て、そんな大人になりたくなくてニートになったのかもしれません。

いい大学を出て、大企業に入って数か月で、自ら会社に縛られる毎日を経験してからニートになったのかもしれません。

 

そのままニートを続けている人もいるし、、リストラなどがきっかけになった人もいます。

40代以上高齢ニートは、「働いたら負け」を一生続けていくのでしょうか…?

お金も心も貧困のままで本当にいいのですか?

 

今働かなくて、一体いつ働くのか

長時間働き、週末は疲れを回復しつかの間の休日を楽しむ、そんな毎日の繰り返し。

したくない気持ちも分かります。でも、

自由な生活がしたい!
会社に縛られたくない!
好きなことをして生きたい!

と思うだけで、お金がなくては生きていけないのです。

将来お金がなくて、就職先も見つからず、貧困で苦しい思いをするのは自分。

今、働かなくていつ働くのでしょう。本当にそれでいいのですか?

 

ニートだからこそ持っている、最高のチャンスとは

会社に縛られず、自由に好きなことをしながら、かつ収入を得る人たちも世の中にいます。

まず自ら働いて「不労所得」を構築した人たちです。

 

お金もあって、時間もあって、好きなことができる、

本物のリッチニ-トです。

 

ニートで生活することが出来る環境にあるなら、あなたはラッキーです。

なぜなら、在宅の時間をビジネスに費やすことができるからです。

 

貧困高齢ニートを脱出して人生を変えるチャンス、掴んでみませんか?
↓↓
お金も時間も自由もある本物のリッチなニートになれる方法