労働収入か権利収入か!?副業にするならどっち!?

何も考えずに副業を始めた結果・・・

a1380_000488

副業を探しているあなた。副業で得られる収入も労働収入権利収入のどちらかで大きく生活が変わります。どの副業をするのか迷っているあなたのために両方のメリット、デメリットをまとめてみました。

 

そもそも副業をする人は増え始めていたのですが、消費税が増税してからさらに増え始めました。給料は上がらずに食料品や日用品の値段があがっていれば、生活も苦しくなるわけです。生活の質を落とすことでさらにストレスが増えるなど、別口の収入が欲しくなる人が増えるのもムリはありません。

 

このように副業を始める人が増えていますが、副業には何があるのでしょうか。色々な分け方がありますが、今回は金額は関係なしに得られる収入が労働収入か権利収入かで分けたいと思います。

まず労働収入の副業。これはアルバイトやネットショップ、自営業が当てはまります。働いた時間に合わせて収入が得られるという仕組みで、給料日になれば収入を得ることができます。しかし、休んだ分だけ収入は少なくなるというデメリットもあります。

権利収入の副業はどうでしょうか。アフィリエイトやネットワークビジネスでの収入が権利収入にあたります。収入を受け取る条件を満たしていれば、働く時間に関わらず収入を得ることができるのがネットワークビジネスです。一見すると最高の仕組みに見えますが、収入を生み出す仕組みを作るまで無報酬で働くことがあります。

このように見てみると、ローンやクレジットの支払いなど期限が迫った状態で収入が欲しければ、労働収入の副業。残業を減らす、将来的に時間に余裕を持ちたいと考えているなら権利収入型の副業を選ぶことがベストかと思います。

ただ、新しく副業を始めるには自身の労働力を買ってくれる人や製品をアフィリエイトして欲しい人をさがす必要があります。自身が解決できる悩みをもつ人との人脈があれば、収入のために行動することができます。では、どうやって人脈を作ればよいでしょうか。私ならインターネットを使います。直接お話できないという欠点はありますが、交通費がかからずにたくさんの人と人脈を築き上げれるからです。そんな人脈構成法とは・・・

友達を作り出す!副業で成功できる驚きの集客方法!