仕事と母親業のジレンマ、子供に「お母さん、お仕事辞めて」と言われたらあなたはどうする?

母親業と仕事にジレンマを抱いていた人生にピリオドを付けた私の秘密を大公開!

o0481032012656491932

父親の出世は喜ばれるのに、母親の出世は喜ばれない?

キャリアを持つ女性達の多くは結婚しても退職はせず、働きながら子育てをする事を選びます。

しかし母親業仕事を両立するということは、それ相当の覚悟が必要で、両立を選んだ女性は常に母親業と仕事の両立の複雑なジレンマを抱えるケースが多いようです。

結婚2年目36歳の時に一人目を出産されたAさんは、今年お嬢さんの高校受験を控え仕事と母親業の両立に複雑なジレンマを抱えています。

Aさんが仕事から離れたのは産休の1年間だけ、すぐにお嬢さんを保育園に入れることが出来たのでAさんはすぐに職場に復帰しました。

そんな真面目にコツコツ働いてきたAさんは、春から女課長として課をまとめることに。
女性として課長になることに不安が無かったわけではありませんが、同僚にも背中を押され決断したそうです。しかし心の中では母親業とのジレンマも抱えていました。

キャリアを持つと言うことは仕事はやりやすくなる反面、部下一人ひとりに目を向けなければならず毎晩帰宅するのは夜10時近く、娘とは会話する時間も無い日もしばしば、

そんなある日、Aさんはお嬢さんに「お母さん、お仕事辞めて」といきなり言われたそうです。

子供の為、家族の為にと仕事を頑張ってきたAさんは一瞬目の前が真っ白になったそうです。

一人で受験勉強することが寂しかったのでしょう、友達のお母さんは塾弁を作り塾から帰れば家庭で受験勉強を見てくれる、いわば、専業主婦の家庭のお子さんを羨ましく思ったんですね。

自分はいつも一人でコンビニでお弁当を買い塾へ行き、塾から帰っても母親が帰宅していないこともありましたから、受験の不安と寂しさとが出てしまったのでしょう。

本当はそばで娘の受験を見守ってあげたい。

いままで、母親業と仕事の両立に複雑なジレンマを抱えてきたAさんはお嬢さんの「お母さん、お仕事辞めて」この一言が自分の生き方をもう一度考えなおすきっかけになったそうです。

Aさんの働き方が180度変わった母親業と両立できる一生涯の収入を得る方法