ビジネス成功者の条件!ネガティブな口癖を変える【その1】

800914_m

ビジネス成功者になるための条件の一つが
「潜在意識を活用すること!」であることはご存知だとおもいます。

 

また、潜在意識は口癖や自分が発する言葉などを事実か否か
認識することはできません。

 

ですから、ビジネス成功者ネガティブな言葉を
口にしないのです。

 

これから数回に渡り、ビジネス成功者が絶対に口にしない言葉と
その理由を挙げていきます。

 

しかも、すべて今日からあなたにも出来ることばかりです。

 

もしも、あなたがビジネス成功者になりたければ
これらのネガティブな言葉が口癖になっていないか
チェックしてみてください。

 

・できません!と言うことば。

ビジネスの基本は顧客の要求を満たしたり
問題を解決することで成り立っています。

 

伸びている企業や成功者は、相手の抱えている問題を解決し
また、満足させる能力にたけています。

 

更に、新しいニーズにが繰り返されるようであれば
解決する方法をすばやく考えようとはしても
「できません!」とは言いません。

 

・分かりません!と言うことば。

知らないことを聞かれたとき「分かりません」と
正直に答えることは悪いことではありませんし
誰でもそう答えるでしょう。

 

成功者の場合は「分かりません」のあとに
必ず「考えて見ます。調べてみます。」と付け加えます。

 

・全部、自分でやった!と言うことば。

成功者は自分以外の賢くて優秀な人に敬意を持って接します。

 

また、自分を助けてくれた人の恩を忘れません。

 

そこで蓄積された信用は、いずれ成功という形で
返ってきます。

 

・朝、早すぎるよ!と言うことば。

スティーブ・ジョブスやベンジャミン・フランクリンのような人は
「そんな時間は朝早すぎるよ!」などと言うでしょうか。

 

成功者は得るものが有ると思えば、間違いなくその場に
行くでしょう。

 

・夜、遅すぎるよ!と言うことば。

同じように、明朝早くに予定が入っていたとしても
相手がビジネス・パートナーであれば行くでしょう。

 

ほら、相手が本当に愛する恋人ならば、あなたも行くでしょ(笑)

 

・いつかご一緒に!と言うことば。

成功者がこの言葉を使う、ほとんどの場合は
「まず、一緒にビジネスをしないだろうな!」と
思う相手のときです。

 

本当に一緒にビジネスをやりたい相手を見つけた場合は
こんな言葉など使わずに、そうなるよう必死に仕向けます。

 

また、人脈のネットワークを広げるために
かなりの労力を使っています。

 

・まとめ

どうですか?

 

すでに使っていない言葉もあれば
ついつい口癖になっていた言葉も有ったと思います。

 

まずは、無理やりにでも、容(かたち)だけでも
成功者の真似をされてみてはいかがでしょうか。

 

やってみれば、なんとかなるものだと思います。

この続きはこちら↓↓↓
成功へのアプローチ!大逆転策はこれしかないです!