「営業職は競争やノルマがあるから嫌?!」ゆとりを重視する若者が急増中?

noruma
競争ノルマのない「ゆとり」のある仕事が欲しい?

不景気の中、将来に不安を持っている故に、非正規と比べて”比較的”に安定な「正社員総合職」を目指している若者が多い一方で、「一生仕事に縛られるのは!」「もっと自由が欲しい!」という考え方によって、「競争ノルマの無い」仕事を求める若者も出始めているようです。

有名な経済新聞「産経新聞」では今月の14日に、ある興味深い記事を掲載しました。

おおよその内容は以下のようです。

「仕事もプライベートも重視し、競争ノルマのある営業職より、競争ノルマも”転勤”も無い”ゆとり”のある正社員事務職を目指す”草食系”な若い男性が増えている!」
との事です。

年配な人や古風な考え方の人、あるいは”真面目”な人が聞いたら
「最近の若者はけしからん!」
という反応が来るそうですね。

さらに、下のコメント欄を見てみると、「甘すぎる!事務職はそんなに楽じゃない!」という反応が多いようです。

かなり予想の出来た反応ですね。

しかし、ワークライフバランスが重視され始め、「過労死」問題も語られている現代、この様な考え方を持つ若者が増えてくるのは何も不思議なことではありません。

むしろこぐ自然で普通な現象だといっていいでしょう。

今は昔と違い、誰でも気軽にパソコンやインターネットが使える時代です。
加えてスマホも普及していることにより、情報伝達や連絡を行う事がさらに速やかに行う事が出来ます。

つまり、費やした時間や労力ではなく、”効率”が重視されてきてるのです。

そのため、若者は「効率の良い仕事でワークライフバランスが出来る生活を送ろう!」と思い始めたのでしょう。

確かにその様な考え方は間違いありません。

しかし、問題は今でも多くの企業は”効率の無い”方法を行っている。
つまり効率より「どれだけ時間を掛けたが?」「どれだけの労力を掛けたが?」を重視しているのです。

もし貴方が「効率を重視し、”ゆとり”のあるワークライフバランスを送りたいです!」と企業側に主張しましたら、貴方はその企業で上手くやっていけるどころか、採用すらされなくなるでしょう。

まして生活が会社に縛られているなら、この様な主張通りにやっていける筈がありません。
私はこの様な会社に縛られる生活から脱出し、上手くワークライフバランスな生活を送る為に、今在宅で出来る”副業”で権利収入を得えるシステムを建築しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家で出来る権利収入を得える在宅ワークとは?