ネットワークビジネス~成功チャンスを話しても無駄な人とは

chance

ネットワークビジネスは誰でも成功できる可能性がある
ビジネスです。

 

ですから基本的には、どんなにもネットワークビジネスと言う
成功チャンスを伝えることは、けっして無駄ではないとは思います。

 

またネットワークビジネスが、どんなに素晴らしい
成功チャンスだったとしても
それに気が付くかどうかは、あくまでも本人の問題です。

 

実際に
「こいつなら絶対に理解できるはずだ!」と思っていた相手が
「ねずみ講じゃん!」などとトンチンカンなことを言ったり

 

逆に「こいつは100%やらないだろうな!」と思っていた相手が
目をキラキラと輝かせて、興味を示すことも有ります。

 

こちらの先入観や勝手な思い込みなど、まったく意味が
有りませんね。

 

また、相手にはそれぞれに事情やタイミングもありますから
その時には理解できなくても、後々理解できることもあります。

 

このタイミングについては経験を重ねることにより
計れるようになるでしょう。

 

そうすれば当然、成功率も上がるわけです。

 

要は話しをしてみなければ、分からないわけですが
しかし、それでも話すかどうするかを
少し考えたほうがいい人がいます。

 

それは「面倒くさがり屋さん」と「怠け者」です。

 

まあ、この人たちと付き合って困るのは
ネットワークビジネスに限ったことではありませんが。

 

あなたの周りにもいませんか?

 

例えば、遊びや食事の約束をしても
少し雨が降っただけで「ごめん!やっぱ、行かねーー!」と
ドタキャンする人。

 

特にネットワークビジネスの場合は
貴重な休日を使ってミーティングなどに
参加する機会が多いですよね。

 

もう、お話ししなくてもご想像は付くと思いますが(笑)

 

それよりも更に困ることは、その人にダウンさんが出来た時です。

 

ネットワークビジネスはスポンサーした人を
丁寧に面倒を見てあげて
成功する喜びを共有するようでなければ
よい結果には繋がりません。

 

だから「面倒くさがり屋さん」と「怠け者」は
避けたほうがいいと思うわけです。

 

但し、ネットワークビジネスの魅力とは凄いもので
ネットワークビジネスに出会ったことがきっかけで
性格がガラッと変わる人も、稀ではありますがいます。

 

寧ろ、その人たちは今までの人生では本気に打ち込める物に
出会っていなかっただけなのかも知れません。

 

ところで、例え怠け者ではなくても
貴重な休日を返上して人に会うことは
正直大変ですよね。

 

その上、断られたり、または理解されても
何もしないようでは疲れるだけですよね。

 

実はわたし、休日を返上することも無く
また、人に会うこともなくグループを構築しています。
最近の成功者は人に会わずにグループを構築しています!