必死に就職活動をしても大卒の離職率は30%?!一番離職率の高い職業はやはり。。。 

sigotoyameru

必死で就職活動しても三年以内離職率30%?!

今でも就職難の時代、学生の皆さんは必死な思いで就職活
を行っていますね。

しかしそんな必死な思いで就職活動をしても、なんと三年
以内に辞めてしまう、つまり「三年以内の離職率」はなん
30%もあります。

これは大学生の数字で、短大の場合ですと39.9%高卒
場合は39.2%中卒の場合ですと62.1%離職率が上がっ
てしまうのです。

一体何のために必死な思いで就職活動を行ったのでしょう
か?

ちなみに離職率が一番高い業界はやはり”サービス業”
すね。

分かります。

多くの学生(特に活発的で人との会話が大好きな子)は最
初サービス業界に対して「直接に人助け出きるし、楽しそ
う」というイメージを元にサービス業界での就職を目指し
ているのが多いです。

しかし実際に働いてみると、そんな生ぬるい物ではありま
せんね。
仕事の量が多い上に、クレーム処理も頻繁に行うことにな
ります。
特にクレーム処理に関しては、サービス業での仕事をする
上で一番”キツイ”仕事だといっていいでしょう。

様々な理不尽な事や非合理的な事を要求してくるお客が入
るだけではなく、時には直接店の中で大きな声で怒鳴るお
客もいます。

いわゆう”モンスター”ですね。

加えてホテルや24時間営業のお店など”夜勤”のある職場
でしたら、勤務時間帯が不安定な分、生み出される辛さや
ストレスの重さはさらに倍増するのでしょう。

もちろん離職をしてしまう一番大きな原因は学生の応募先
の企業や職場、仕事の内容に対する研究不足でしょう。

今でも就職難で一つの内定を取るのみ非常に困難です。
採用試験や面接などの”ステージ”も難関もクリアする必
要がありますので、多くの学生は「とりあえず内定を取れ
ば良い!」という気持ちでろくに企業研究もせず、何十社
もの企業に応募を掛けたのでしょう。

その結果、その仕事の環境や内容が自分の想像と大きな”
ズレ”を生じ、最終的には「自分のやりたい仕事はこれじ
ゃない!」という気持ちで辞めてしまうのです。

そのため、企業や仕事に応募する前に、先にその仕事の環
境や内容に対してしっかりと研究を行うべきですね。

ところで、皮肉な事に、たとえ必死に企業研究を行って目
出度く正社員になられても、この様な不景気の中、将来安
定とは限りません。

よって、私は将来離職をしてしまっても、生活に困らなく
なれるために在宅で出来る”副業”で権利収入を得えるシ
ステムを建築しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

家で出来る権利収入を得える在宅ワークとは?