10年後になくなる職業は半分近い?!しかしネットで仕事をすれば。。。

mirai

皆さん、今手にしている職業、近い将来この世から
消えてしまうかも知れませんよ?

あるイギリスの有名大学「オックスフォード大学」
でAI(人工知能)を研究している准教授
「マイケル・A・オズボーン」がある興味深い
研究を発表しました。

それが「あと十年で消えてしまう職業・仕事」です。

こちらの研究は単に彼自身の考え方による”根拠の無い”
予測ではなく、702全ての職種に対して、
コンピューター」に取って代われる確立を実際に
試算したものである。

そして驚く事に約47%の仕事、つまり半分仕事職業
十年後消えてしまう確率が高い”という結果が出ました。

つまり、今の仕事半分は、十年後にコンピューターや機械
に代われてしまうということです。

テクノロジーの進化は迅速で誰でも止める事が出来ません。
昔では計算に暗算や算盤に関する技術が必要ですが今では
全て計算機やパソコンに変えてしまうように、
例え今ではどんなに高い技術や特技、さらに知識が
必要な仕事でも、いずれ全てコンピューター機械
奪われる事になるでしょう。

よって、今では会社に出勤して仕事をするのが普通ですが、
パソコンやスマホが普及しているように、
いずれは様々なテクノロジーやIT技術の発達によって、”在宅
で仕事をする方が主流となっていくでしょう。

そんな中、どの様に生き残れるのか?

非常に簡単です。
上手くそのテクノロジーを利用してビジネスをするのです

どんなにコンピューターやテクノロジーが発達しても、
それを作って利用するのは”人間”です。

そのため、「どの様に様々な技術や特技を高める」と考える
のではなく、「どの様にこれらのコンピューターやテクノロジー
を利用してビジネスをするのか?」を考えるべきです。

将来は単純な作業のみではなく、様々複雑な作業に関しても、
機械やコンピューターに代わってしまいます。

これについて、
「将来我々の職が全て機械に奪われる!」
「仕事が奪われることによって町中に失業者が溢れる!」
など多くの人は嘆く事になりますが、私は逆に”いいチャンス”
だと思っています。

何故いいチャンスなのか?

それはつまり
「新たなテクノロジーが生まれた事によって、また新たな
ビジネス形態が生まれた」という事になるからです。

仕事を新たなテクノロジーに奪われた事について嘆くのではなく、
「どの様にその新たなテクノロジーを使ってビジネスをするのか?」
について考えれば良いのです。

私の現在パソコンやインターネット、さらにスマホの発達
によって、簡単に在宅で”副業”を行うことが出来ました。
しかもこの副業は”権利収入”を稼げる副業となっております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
在宅で出来る権利収入の入手方法とは?