アンケートで80%がネットワークビジネス(MLM)に興味がない日本は異常?アメリカは95%?

MLMアンケートが物語る日本のネットワークビジネスの評価

子育て専業主婦の私が在宅ワークで主人の給料超えちゃった!?

C854_akacyan500-thumb-750x500-2507

日本では80%がネットワークビジネス(MLM)に興味がないというアンケート結果があります。

残りの20%の内訳はやってみたい6%、どっちでもない14%です。

 

やってみたい 6%

どちらでもない 14%

興味がない 80%

 

アメリカから日本にネットワークビジネス(MLM)が上陸してくるワケ

日本では600万人~800万人がネットワークビジネス(MLM)に関わっていると言われていますから、妥当な結果ですね。

ちなみにアメリカで同じアンケートをとった結果、95%が「興味ない」だったそうですよ。

アメリカの方がネットワークビジネスに寛大なイメージがありますが、アンケート結果だけをみると、日本人の方が寛大なのかもしれません。

 

日本は世界最大のネットワークビジネス(MLM)市場と言われており、アメリカからどんどん上陸してきます。

だから日本では新たしい会社が来ては消え、来ては消えという不思議な現象が起きています。

5年持たない会社がほとんどなんですね。

会社だけでなく、グループが崩壊することもあります。

 

ネットワークビジネス(MLM)というのは長く続けて、権利収入を得ないと意味がありませんから、会社やグループは慎重に選びたいものですね。

とはいえネットワークビジネス(MLM)の会社っていい商品を持っているし、長い歴史を持っているとことが多いので迷ってしまいそうです。

日本法人のビルがテナントであれば「撤退」を視野に入れていると言われています。

自社ビルであればある程度安心出来るかもしれませんね。

 

グループは自分の目で確かめるしかない!私の場合は在宅もキーワード!

グループについては、自分の目でグループの人たちを見て判断するしかないです。

信用できるかどうかは、誘われた時点からその後の関わりで見極めましょう。

ネットワークビジネス(MLM)でアップ(スポンサー、紹介者)を変えることは基本的にはできないのですから・・・

 

参加した場合の活動内容も人によっては重要ですね。

私の場合は「在宅でできること」が最も大事だったので、その点だけは譲らないようにしました。

【PR】子育て主婦が空き時間で稼ぐ!完全在宅ネット集客法