ネットワークビジネスと年金、この2つの共通点は権利収入!!

【閲覧注意】手当たり次第に声かけした結果・・・

a1810_000006

ネットワークビジネスを始めたきっかけは年金がもらえる見込みがないからというディストリビューターが増えています。確かに年金制度がこのまま維持されるかどうかは難しいとは思いますが、なぜ年金をもらえないことがネットワークビジネスを始めることにつながるのでしょうか。それはどちらも権利収入と呼ばれる収入であるからです。

 

権利収入というのは働かずとも、収入を受け取る権利を持っていれば得られる収入のことです。この権利収入とは別に働いた時間の対価として得られる収入である労働収入です。どちらもメリット、デメリットがありますが、年金は権利収入、ネットワークビジネスは労働収入と権利収入の両方であると言えます。

 

年金は65歳以上で国民年金を納めてきた人であれば受け取ることのできる収入です。また、ネットワークビジネスは製品流通量によって収入を得ることができます。ですので、製品流通量を大きくするために働けば、その分収入も大きくなるので労働収入といえるし、毎月一定の流通量を起こすことができればその分の収入は権利収入になるとも言えるでしょう。

 

少子高齢化により国民年金を納める人が少なく、受け取る人が多いということで納める側である現役世代がかなりの負担を強いられています。また、年金を受け取る年齢がさらに上がっていくことは免れず、今から納めたとしても納めた以上に受け取ることができないという話もあります。ですので老後の備えとしてネットワークビジネスで権利収入を作っておこうというのがとあるディストリビューターの考えです。

 

ネットワークビジネスで収入を得るには集客力が試される場面があります。もし友達作りが苦手だとするとそこからワンステップを踏むのが難しくなりそうです。でも、友達作りが苦手でも集客をする方法はあります。どうしても収入が得たいと考えているあなたのための集客方法です。

 

その集客法とは・・・続きはこちら↓↓↓↓↓↓

友達を作り出す!あなたも成功できる驚きの集客方法!