ネットワークビジネスで格差社会を生き抜き金持ちになる方法

米国の富裕層も実はこれで富を得ています。次はあなたの番です!

d0005954_14355165

貧富の差が少なく平等な国と言われてきた日本。しかし現実の日本はどうでか?

格差社会大国アメリカと比較すると、実 は日本の格差社会もアメリカとさほど変わらないという数字が見えてきました。

格差社会だから金持ちのスケールが違うのは当たり前?

米国の調査会社によると、不動産を省く純金融資産が100万ドルを超える世帯数は、2013年には1000万世帯に迫る勢いだそうです。
資産100万ドルを超える世帯は2012年から見ると60世帯以上も増加しているそうで、米国ではお金持ちが益々金持ちになっている様子がわかります。

ん~、「金持ちにはお金が集まる」とは良く言ったもので、まさにこれが格差社会現象なのでしょう。

米国並みの日本の貧困をネットワークビジネスでなら生き抜けます。

相対的貧困率で見る日本の数字は15%と米国とさほど変わらないそうで、欧州諸国と比べると2倍も貧困者が多いそうです。

どうやら、日本は貧富の差が少なく平等な国と言われて来ましたが、本当はかなりの格差社会だったようです。ここ数十年の不況でその格差が広がらなかっただけなのでしょう。

これから日本が本格的に景気拡大の局面に入ったとすると、おそらく今まで見えていなかった格差が一気に浮き彫りになるのではないでしょうか?

あなたがその時、富裕層に入れるのでしたら何も心配は要らないでしょう。でも、今の収入に少しでも不安のある方は、今のうちから日本の格差社会を生き抜く方法を探しておいた方が良いではないのでしょうか。

アベノミクスが完成する前には、ね!

ネットワークビジネスで格差社会を行き抜く方法はこちら