老後破産に陥った高齢者の人ごとでない現実!今すべき3つのステップ

老後破産には絶対ならない!ネットで自分年金を作る方法
Photo Homeless

老後破産、と聞いてヤバい!と危機感を感じるのは貯金も資産も少ない40~50代の方が多いでしょうか。

65歳の高齢者の16人に1人が、「老後破産」になるだろうと言われています。

現在一人暮らしの高齢者が600万人、そのうち年間120万円の年金で生活する人は46%もいるそうです。

 

 老後破産をした高齢者の、目をふさぎたくなるような現実

ある老後破産をした高齢者の男性の声です。

「まさかこうなるとは思わなかった。」
「経済的に苦しくて病院にも行けない」

年金月10万円から家賃を除き、生活費は4万円。

電気も止められ、夜は真っ暗、灯りはガスの炎だけ。熱い夏はクーラーのある区の施設などでじっとして一日を過ごす。

今の生活を友達に知られるのが恥ずかしいので、友達も付き合いも避けるようになってしまった。

本音は「早く死にたい。」

NHK”老人漂流社会、老後破産の現実”より

 

こちらから、NHKで放送された動画を見ることができますよ。

http://www.at-douga.com/?=12130

 

老後破産にならないためには、

老後になってから、「思いもよらなかった。」「なんとかなるだろう。」という事態を避けることです。

国は年金を毎年引き下げています。将来もらえる保障はありません。

今から「年金はもらえないもの」として対策を始めるくらいの危機感がないと、老後破産は他人ごとではないのです。

40代、50代の人でもまだ遅くはありません!

 

 老後破産を避けるために、今しなければいけない3つのこと

老後破産にならないために、今するべき3つステップは、

1.今の自分の経済状態を把握する。
2.浪費をやめて、節約する。
3.収入の一部を貯金、投資に回し、残りで生活をする。

 

3の投資、がとても重要です。貯金も必要ですが、老後に貯金を切り崩していけば、いつかはなくなってしまいます。

つまり、いくら貯金をしても不安は永久になくなりません。今から毎月いくらかを投資に回して、老後のキャッシュフローを作り出すのです。

平均寿命は、男性80.21歳 女性86.61歳。

貯金がなくなった後、何年生きるかなんて分かりません。お金がなければ、まさに「生き地獄」状態!

 

そこで、3.で株や不動産に投資できればいいですが、元手がないと難しいですよね。

そこで、ネットビジネス、FX、ネットワークビジネスなどが低資金で年金対策ができる、庶民の最後のとりでとして、サイドビジネスで始める人が急増しています。

そこで、ネットビジネスと、ネットワークビジネスのいいところだけをとったビジネスモデルも注目されているのです。

 

あなたは明るい老後を迎えることはできる!

NHKの特集番組の老後破産の現実、映像って怖いですね、見た人はイメージが焼き付いて、自分もそうなるんじゃないか、とさらに不安させる効果があります。

今、気が付いたあなたは大丈夫です。自分は絶対老後破産はしない!と決断して行動を起こすことができるからです。

 

Photo Senior couple 2

今行動を起こさずに、後で涙を流すか、今汗を流すか。

あなたはどちらを選びますか?

↓↓
老後破産には絶対ならない!ネットで自分年金を作る方法