インターネットを使ったMLMならABCの法則で失敗した初心者でも集客可能です!

ネットワークビジネスには様々な集客法があります!

ビーチ11.jpg

ネットワークビジネスの勧誘方法の一つに「ABCの法則」というのがあるのをご存じでしょうか?

おそらく実際にネットワークビジネスをやったことがあるという人はほとんどの方が聞いたことがあるだろうと思います。

この勧誘方法は比較的初心者の方が良く使う手法ですが、その具体的な内容は次のようなものです。

まず設定として以下の3人が登場人物になります。

Aさん=Adviser(アドバイザー)→アップの方

Bさん=Bridge(橋渡し)→あなた

Cさん=Customer(客)→あなたの友人

ここでまずあなた(B)が友人のCさんをビジネスに勧誘しようと考えたとします。

この時もし初心者であまり商品やシステムに詳しくないあなたが直接勧誘した場合、おそらく断られる可能性がきわめて高いと思います。

そこであなたの代わりにベテランのアップであるAさんに勧誘をしてもらうという方法をとることにより成約率を上げるという手法です。

つまりあなたは、ただアップのAさんに友人のCさんを会わせる橋渡しをするだけで良いということになります。

この方法だと初心者の方が直接商品やシステムについて説明はしないので、特に知識やノウハウがなくても成約できる可能性が十分にあります。

実際に本人が直接説明するより、信用できる第三者が説明した方がむしろ成約率が高くなるというデータもあるそうです。

この「ABCの法則」で成約率をさらに上げる裏ワザとして「T-UP(ティーアップ)」という手法があります。

これもご存じの方も多いと思いますが、友人のCさんに対してアップのAさんが年収等でどれだけすごい人なのかを会う前に事前に説明してアピールしておく手法です。

この「T-UP(ティーアップ)」をするかどうかによってもかなり成約率に差が出るといわれています。

集客で上手くいかない方に最適な解決策があります!

私も以前はこの従来型のネットワークビジネスに参加していましたが、正直いってあまり勧誘は得意ではなく、友人知人が特別多い訳でもないので上手くいかず途中で挫折してしまいました。

でもそんな私でも、今では友人知人への勧誘が上手くいかないという悩みから解放され、毎日楽しくMLMに取り組んでいます。

その理由は従来型とは別の集客法と出会い、実際に始めたからです。

その集客法とはインターネットを利用するので、友人知人を勧誘しなくても自然に集客できダウン構築が可能となります。

もしあなたが友人知人への勧誘が上手くいかずに悩んでいるとしたら、きっと良い解決策になると思います。

この続きはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓

ABOUTこの記事をかいた人

SNSを利用した集客と権利収入型ネットMLMのコンサルティングをしています。 将来の年金が不安で対策を検討している方、子育てしながら自宅で稼ぐ方法を 考えている主婦やシングルマザーの方々を中心に活動しています。