20代女性の貧困が深刻化している、その原因は・・・?

jyosei hinnkonn
広まる女性貧困層、その原因は・・・?

近年、貧困層に陥る女性急増しています。
厚生労働省の2014年7月に発表した「平成 25 年国民生活基礎調査
の調査結果によりますと、2012年の貧困率は約全体の
16.1%(6人に1人)になり過去最高な数字となり、子供の
貧困率も16.3%になっている程上がっています。

さらに大人が一人の世代(主に母子世代)では、
なんと54.6%という、半数以上の世代が貧困の状態
に陥ています。

今では結婚したカップルの三組の中に一組が離婚をする
程離婚率が高まっていますね。
それによって、一人で子供を抱えるシングルマザーも
急増しています。
「離婚をしても養育費が貰えるから大丈夫!」
果たしてそうでしょうか?

厚生労働省の調査結果によりますと、実際離婚をした後、
父親から養育費を貰えた母親は約20%という非常に低い
数字です。

さらに父親の年収が高い程、貰える養育費の額は高くなる筈
なんですが、実際年収が500万以上に達している父親でも、
養育費を”払っていない”父親は74%もあり、払っていない
主の理由は「離婚した妻や前の子供より、新しい家庭の
妻や子供を重視したいから」です。

非常に自分勝手ですね。
しかし、これが紛れも無い現実です。

そして子供の養育に必要な費用は全て母親一人で背負う
事になり、子供の世話のみではなく、朝から晩まで長時間仕事で
お金を稼なければなりません。
ただ、それでも半分以上の母子家庭は生活が苦しく、貧困な
状態に陥てしまっているのです。

この様な状況はこれから結婚を考えてる、あるいは結婚している
全ての女性に陥る可能性のある問題です。

よって、これから結婚を考えている、結婚する準備をしている
女性は、慎重で”結婚”について考えなければなりません。
私も女性ですので、この様な(貧困)の状況に陥る可能性は
十分にあります。

そのため、私は将来生活に困らない程の権利収入を得える
システムを、”在宅の一台パソコン”で築いています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
在宅で出来る権利収入の入手方法とは?