健康に関心を持つことがネットワークビジネスの仕事ではない

若い女性 拒否

ネットワークビジネスを始めたものの、ダウン獲得法について知りたいと思いミーティングに参加したが、健康に関する話ばかりでうんざりされたことってありませんか?

ネットワークビジネスでダウンを獲得するために必要なことは、マーケティングを勉強することです。

それなのにアップライン達はマーケティングのことを教えてくれずに、健康に関することばかり勉強しているというケースが目立つこともあります。

今ではグループ専用のフェイスブックのコミ二ティで情報をダウンたちに発信していると思います。

その中でも一般の水道水による被害、市販のサプリメントと当社の違いを比較検討など、健康をテーマにしたものが多いのではないでしょうか?

決まり文句はそういった健康情報を周りの友達たちに教えてあげましょうという形で締めくくっていますね。

長年ネットワークビジネスに携わっていたらこんな健康情報とダウン獲得にどう繋がっているんだ?と勘のいい人なら感じるでしょう。

今日はその解説をしていきますね。

まず健康を勉強してもそれをネットワークビジネスダウン獲得に活用することはできません。

なぜなら、プロスペクト達はそういったものには興味のない方が多いです。

ネットワークビジネスを製品の流通網を作ることで権利収入を取っていきますよね。

よく考えてみれば分かりますが、製品の流通網と健康とは全く無関係です。

これならどうやって流通網を広げていくかというマーケティングを勉強しなければグループを大きくすることは出来ません。

ネットワークビジネスでミーティングでよくしている健康をテーマとした話をするのに有効なのは、獲得しているダウンさん達話すと有効ですね。

健康の大事な面をもっと知ってもらうことでサプリメントにさらに関心を持ってもらったり、製品をリピートしてもらうための元にもなると思います。

この健康な話をダウン獲得にするのではなく、ダウンフォローに活用することがグループを維持しているマーケティングだと私は思います。

ですので、健康の勉強をしたからってそれがダウン獲得に繋がるとは思わないでくださいね(笑)

間違ったやり方を続けてもダウンは出来ません!