妊娠したら退職すべき?!マダハラ問題を解決するためには?

ninnpu

妊娠したら退職は当たり前?!
最近騒かれている「マダハラ」問題とは?

最近ニュースで裁判になっている「マダハラ訴訟」問題、
ある妊婦さんが妊娠したと言う理由に、会社から降格された
ことによって、「マダハラだ!」と裁判に訴えたのです。

この様な問題は実は結構昔からあったのでしょう。

多くの人はもし女性が妊娠をしたら、長期休暇を取ったり、
「子供が熱を出た」等の理由で頻繁に遅刻早退してしまう
事があったりします。

そのため、会社や同僚に大きな迷惑を掛けてしまうのでしょう。

「妊婦が悪い!」「会社が悪い!」のではなく。
これは一人一人の意識や会社の制度より、社会全体の環境
を変えなきゃ解決できない問題です。

今は少子化問題が進み、積極的に子供を増やさないと、
将来の日本社会を支える人口が足りません。
しかし企業側は女性に「子供を生んたら辞めて欲しい!」と要求
してくるのに対し、男性には「夫一人の収入で家庭を養える」程の
給料は出しません。
これはワガママですね。

女性の方には妊娠して、長期間職場を離れたり、頻繁に
遅刻早退したり、特に今回の案件は女性自ら復帰後に以前より
「軽い作業、軽い責任」に移るのを要求したのに、
「降格はマダハラ!」と叫んている。
これもワガママです。

そしてネット上の掲示板を覗いてみると、妊婦に対する
誹謗中傷はかなり眼立ちますね。
「妊婦は邪魔!」「子供がうるさい!」と叫び、女性に子供を
生む事を躊躇させ、自ら妊婦にとって居ずらい環境を作り上げた
のに、一方では「移民は嫌だ!」「外国人なんで嫌だ!」と
叫んている。
当然これもワガママです。

結局、社会全体の経済が悪い故、皆自分の事しか考えられなくて
精一杯なのです。
女性は妊娠をしたら行動が不便になったり、子供が生まれた
後でも、子供から離れない時間も当然増えます。
よって、殆どの女性も「出来れば退職して子育てに専念したい」
と思っているのでしょう。

「でも夫一人での収入はとても家庭を養えない。」

そこで、もし在宅で出来る在宅ワークがありましたら・・・
女性は家庭で子育てに専念しながら仕事を出来ますね。

今ではパソコンやインターネット、さらにスマホの性能も機能
も非常に充実している社会です。
そんな社会の中、何故積極的にこの様な”テクノロジー”の
製品を使った在宅ワークを進めないのか?

「もし急に働けなくなったら・・・」
私は以前からこの様な不安を持っていたので、今は積極的に
生活に困らない程の権利収入・不労所得を得えるシステムを建築しています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

在宅で出来る権利収入を入手出来る在宅ワークとは