副業が会社にばれない方法!サラリーマンがこっそり稼ぐコツ

Photo Money and Businessman

副業をするサラリーマンが急増中です。

副業を認める会社も増えていますが、まだまだ日本は副業禁止の会社も多いので、サラリーマンは、「会社に副業がばれない方法」をさがしているようです。

 

副業がばれないように、これだけはおさえたい3つの注意点

 

1.副業の収入の確定申告は、必ず「普通徴収」を選ぶこと

サラリーマンの住民税は所得に応じて、特別徴収として給料から天引きされます。

もし副業の所得を、同じ特別徴収で申告してしまうと、収入が多すぎて、経理の人が「おやっ?」と思ってしまいます。

結果、会社にばれます。

市町村によっては、副業の収入を普通徴収で申告できないところもあるようです。

その場合は、「雑所得」で申告できないかきいてみるとよいそうです。

 

2.Facebookへの投稿は慎重に!

Facebookに、副業関連の投稿を一切しない。
Facebookに会社の同僚や上司を友達に承認しない。
Facebookの「非公開グループ」に参加しない。

インターネットのSNSは便利になったかわりに、プライベートとの境目もあいまいになっています。

自分が投稿しなくても、他の人がタグ付けしたりすることもあります。

Facebookのプレイバシー設定をしておきましょう。

ただ、Facebookの非公開グループに参加するときは、要注意です。

非公開グループに参加すると、友達のページに「おすすめグループ」として、あなたが参加したグループが表示されて、副業がばれていまいます。

プライバシー設定で、閲覧できない人も設定することができます。

 

3.副業がばれにくい職種を選ぶ

お店や夜の接客業などでは、いつ会社の上司や同僚が来店するか分かりませんので、どうしてもしたいなら慎重に。

できれば人前に出ない副業を選ぶのがベストです。

 

ネットワークビジネスが会社にばれないようにする、とっておきの方法とは

会社にばれないようにしながら、副業をするのもサラリーマンは一苦労ですね。

そこまでしても副業をする理由は、やっぱり経済的理由だと思います。

会社の給料だけでは、みんな不安・不満なんです。そして、会社が当てにならない今の時代、副業をすることは正しい選択だと思います。

 

そこで、ネットワークビジネスをする人も増えています。

ネットワークビジネスは、知人にビジネスを広めるので、会社の同僚の間で噂がたって副業がばれてしまうこともあります。もちろん同僚は誘わないなど、注意してやれば大丈夫ですが、それでも噂はどこから広まるか分からないので不安です。

 

その点、インターネットを使うネットワークビジネスなら、完全在宅で誰にも知られずにできるので、副業が会社にばれたら困る人に合ったやり方かもしれませんね。

 

この続きは下のリンクから

↓↓

完全在宅で誰にも知られずにできるネットワークビジネス!