夫婦2人とも奨学金の返済家庭急増!「いかにして回避するか」

ここ数年、子どものいる若い夫婦に、夫婦2人とも奨学金返済している家庭が急増しているのです。以前は奨学金の返済というと、夫婦のどちらかが抱えているというイメージでしたが、今の時代夫婦2人とも返済していて、奨学金だけで大学生の5割以上の人が借りています。

 

お子様の将来のために、いかにして回避してますか??

 

大学生の2人に1人が奨学金を借りているということは、かなりの確率で、結婚すると、夫婦2人とも返済を抱えることになるのです。

 

深刻なのは、この2人に1人が奨学金を借りているというのも、実際には教育ローンもあるので、3人に2人は借りているのが現実ということです。

 

このように多くの人が、奨学金などを借りていると、おのずと奨学金や教育ローンを借りることへの抵抗が薄くなりがちでです。

 

他人ごとではない「大学時代」、あなたの現状はいかがですか??

 

最近は、「お金がないから、大学時代は奨学金を借りればいい」と早くからあきらめてしまう親御さんが非常に多いのです。借りるときには大変ありがたい奨学金ですが、大多数のものはいずれは返済しなければならない借金です。

 

この月々の返済がわが子の未来に陰を落としてしまわないためにも、家計が厳しくて、教育資金のねん出が大変でも、お子様が小さいうちにあきらめず、地元の教育委員会などが主催する教育資金セミナーなどに参加して、教育資金の準備を早いうちに考えるべきでしょう。

 

住宅ローンを組むときの査定で、返済能力を下げられてしまう!?

 

たとえば、月8万円の返済能力がある人が、奨学金を月々2万円を返済していると、返済能力は6万円というふうに判定されてしまう可能性があるので、思うような物件が買えなくなってしまうケースも・・・

 

お子様の将来のためにも、早いうちから資金計画をおこないましょう!

 

以前から、なぜ今、ネットワークビジネスなのかを話してきました。家計が厳しい時代だからこそ、税金があがる時代だからこそ、生活ができなくなってしまうようなことからは回避したいものです。

 

なぜネットワークビジネスが役に立つのかに興味をもたれた方は、知っておくべき詳細のリンクを張っておきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

 

口コミや勧誘をしなくても・・・できるネットワークビジネス詳細