「就活 はつらい!」就職活動で内定を取る事が最大の目的となっている学生達。

syuusyoku

学生たちの必死の「就活」

来年の四月から社会人として就職をスタートする学生の
皆さん、就職活動は上手く行っていますか?

今はバブル期と違い、一つの内定を取るだけでも非常に
苦労します。

なにせ今は就職難で皆さんの競争が激しくなり、内定
取るために皆さん必死になっています。

「就職したい!」「正社員になりたい!」「内定を取りたい!」
この様に思っている学生が増えているのに対し、企業は採用
の枠を年々減少するようにしています。

それにより、今では学生達は自分を商品として企業に売り込み
企業は商品をより取り好み出来る”お客様”や”お得意様”
になっております。
就活」は茶番のような「終活

企業説明会やグループディスカッション、面接の際に学生の
皆さんは揃いも揃って偽りの”笑顔”の仮面を被り、偽りの
”ゴマすり”言葉を並べ、普段の「本当ではない自分」で
自分を綺麗に包み、まるで自分を商品のように面接担当者に
売り込んていますね。

そして企業側も同じ服装、同じ髪型、同じ話し方、さらに
”同じ笑顔”をしている大量の学生(アリ群)から”個性的”
な学生を見つけ出そうとしています。

さらに学生達も内定を取れるために、必死に自分を装いながら、
七社、八社、時には何十社も企業を受け、企業研究も
ろくに行っていないまま、全てに企業に対して
「御社が第一志望です!」と綺麗言葉を並べる。

そして内定を入手した学生はまるで「残りの楽しい時期を有り難がる」
様に狂った様に遊び回り、飲み会を開いてお酒をガブガブ
飲んだりしています。

よくよく考えると唯の茶番ですね・・・。
就職後は、もう人生の墓場なの?

「楽しい時期が終わりを向かえ、これからは長い苦しい時期
が始まる」

このような思いを抱えたまま社会人になり、そして満員電車や
サービス残業、理不尽な上司や同僚などによってヘトヘト
になるまで働きながら文句を言う毎日・・・。

果たしてこれが「当たり前に歩むべき人生」でしょうか?

今でも多くの人は一生懸命勉強して良い成績を取り、良い学校
を卒業してから、まだ努力して名のある大企業に就職する事が
”理想的”な人生だと思っています。

しかし、殆どの人は例え一生懸命頑張っても、結果的には
会社に縛られ、サービス残業などによって、金銭的にも
時間的にも余裕の無い苦しい毎日を過ごす事になっております。

毎日夜遅く電車に乗りますと、必ず仕事帰りのサラリーマン
などを見かける事が多いと思います。

彼らの表情を伺ってみると・・・

十中八九笑顔が無く、やつれて疲れきった顔をしています。

もし収入源を一つの会社に縛り、会社に”依存”
する様な生き方をしようと決めたら・・・

電車でやつれ、疲れきった顔をしているサラリーマンと同じ
様な人生が貴方を待っているでしょう。

さらに今ではJALやSONYなどの大企業でも、
経営不振で大量の人員削減を行う程不景気な時代になっています。

そんな時代の中、貴方は大切の人生や将来をただ一つの会社に
預ける事が出来ますか?

会社に依存する生き方が本当に安定な将来を保障出来るのか?

会社に縛られ、毎日ヘトヘトになるまで働く人生を本当に歩みたいのか?

もしこのような疑問をお持ちでしたら・・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

会社の束縛から脱出できる方法とは?