「モジュール経営」は人材使い捨て?!ブラック企業が増え続けている日本で生き残るには・・・

ichibu

昔から、パソコンや自動車は「モジュール生産」が普及されており、様々な電化製品も「モジュール化」が進んでおりますね。さらに最近では「経営のモジュール化」というものが提案されています。

はたして「モジュール」とは何なんでしょう?
モジュール(module)」とは”交換が可能が構成要素”というものです。例えば自動車の一つ一つの部品は”一定の規格”に基づいて作られ、交換可能な物になっています。

そのため、仮にその部分が故障になったり、古くなった事によって使えなくなったとしても、”新しい”のを交換したら、全体が問題なく作動出来るという事なのですね。

その一つ一つ交換可能な部品が「モジュール」と呼ばれています。

そのため、「モジュール」には”独立性””交換可能””規格化”と言う意味が含まれています。パソコン産業や自動車生産が「モジュール化」によって大きな発展を達成出来た事をきっかけに、近頃では多くの大企業も「経営のモジュール化」という案が提案されるようになりましたね。

「独立性が高い」「常に交換が可能」「決まった一定の規格で作られた」これらのキーワードを経営の分野で当て嵌めると、皆さん何を思い出しますか?

そうです、派遣ですね。

派遣は一定の規格の人間(特殊分野の人材)をある会社の必要な所に配属し、必要が無くなったら会社から離れてもらう(常に交換可能)です。つまり、会社にとっては非常に都合の良い、人を使い捨てが出来るシステムになっているのですね。

これからは派遣のみではなく、殆どの会社もこの様に”人を使い捨てる”経営システムに乗り換えるようになるのでしょう。

この様に「モジュール化」が進んでいる社会の中で、上手く生き残れる様にするためには、社会に依存するのではなく、例え会社から離れていても、生活に困らない程の費用を入手出来るようにしなければなりません。

会社は機械と同じです。モジュール化された会社(機械)は能力の高い一人一人が力を合わせれば、大きな力を発揮することが
出来ます。

しかし、同時に人材(部品)が年齢によって古くなったり、病気(損害)によって働けなくなったら、情け容赦なく、会社の経営者(機械の使用者)に捨てられるようになります。

会社の”経営モジュール化”の勢いは止まらないでしょう。

もし会社から離れるようになったら、自身の力で何を出来るのか?どの様に生き残れるか?しっかりと早いうちに準備をしなくてはいけません。

そのため、私は将来会社から離れても生活に困る事がないように、本業で働きながら、在宅でネットワークビジネスを行っています。権利収入・不労所得を得られるシステムを確実に構築しています。

権利収入・不労所得は労働収入と違い、例え病気やリストラに遭っても、生活に困らない程のお金が自動的に入ってくるシステムですが、私はこれを獲得するために在宅でパソコン1台で行っているのです。

今は例え大企業に入社しても、何時クビやリストラに遭ってもおかしくない時代になっています。私は自分の大切な人生を、たった一つの会社に託したくはありません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

在宅でPC1台あれば、会社の束縛から脱出できる方法とは・・・!