副業禁止の会社でも、安心してできる在宅MLMの集客方法教えます!

ひまわり2.jpg

一般的によくある質問に「就業規則に副業禁止と書いてあったら副業は一切できないのでしょうか?」というのがあります。

確かに就業規則の中に副業禁止と書かれているケースは予想以上に多いので気になる人が大勢いると思います。

でも大丈夫です。たとえ就業規則にそう書いてあったとしても、本来本業に影響が出ないのであれば自分の時間を使って副業することは個人の自由です。

プライベートに関して会社がどうこう言う権利はもともとありませんのでご安心ください。

以下の①から③が副業が認められない主な場合ですので、これらを理解することが重要になると思われます。

【副業が認められない主な場合】

①公務員および公職(議員・都道府県知事・市町村長)の場合

②副業することにより本業の業務に影響が出る場合

③副業することにより本業の利益に影響が出る場合

①は仕事の性質上、公の職についているため不動産等の不労所得などの例外を除き、原則副業は認められません。

②の本業の業務に影響が出る場合というのは、就業時間内に副業するのは論外ですが、たとえば副業をすることによって疲労が蓄積し結果として本業の業務に支障がでる場合は当然認められません。

③の本業の利益に影響が出る場合というのは、通常は考えられませんがたとえば本業と同じ業種を副業とするケースでこの場合は本業の売上に影響を及ぼす可能性があるため当然認められません。

以上のことを十分理解した上で、副業を行うのであれば特に問題はありませんので最適な副業が見つかることを願っています。

現在の日本の経済状況は決して好景気とは言えませんし、様々なリスクを考えた時にその対策の一つとして、副業を持つべきだと私は考えています。

結局最後は、会社はあなたの生涯の面倒は見てくれませんし、いつ今の仕事ができなくなるかなんて、誰にもわからないのです。

 

在宅MLMなら誰でも安心して始められます

私は今本業以外に自分で実際にやっている、自宅で誰にでもできるネットワークビジネスの集客方法を様々な人に伝えています。

その集客方法とは自宅で簡単にインターネットを活用して行う、まったく新しいタイプのネットワークビジネスのダウン獲得方法です。

この方法なら、日中いつも通り仕事をしている時も、どこかへ遊びに出掛けている時も、夜寝ている時でさえもダウン(お客様)をつくることが可能となります。

もしあなたが将来のために効果的な集客方法を考えているとしたら、必ずその解決策になるはずです!

本当に自宅でパソコン1台あれば成功できる理想の集客方法です!

次はあなたが、この集客方法で成功する番です!

解決策はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓