勧誘のまずさがアンチを作り、勧誘のうまさが成功者を作る

images (4)

ネットワークビジネスの話とは、ある日突然やって来るものです。

 

面白いことに、同じネットワークビジネスの話しを聞いたとしても
嫌悪感さえ感じてアンチになる人もいれば、
そこから何かを感じ取り、後々本当に成功者になる人もいます。

 

また、一旦はアンチだった人でも
ネットワークビジネスを誤解していたことに気が付き
成功者を目指すこともあるようです。

 

他の一般的なビジネスの場合、例えばコンビニやフランチャイズ
またはラーメン店でも、まずは自分から興味を持って調べます。

 

ところがネットワークビジネスの場合は
本人の意思とは関係なく、余りにも突然やってきますので
そこには様々なドラマが生まれるのかも知れません。

 

しかし、アンチになってしまった人の話をよく聞いてみますと
ネットワークビジネスその物に対してよりも
実は、その話しを持ってきた友人や知人を嫌いになることのようです。

 

要するに、話しを持って来た側に全ての責任があるように思えますね。

 

その嫌われる人の行動ですが、「ビジネスの話だ!」とは
告げずに、合う約束をして
フタを開けてみたらネットワークビジネスの話しだったり。

 

また、話しを聞いても登録しなければ深夜になろうが
帰さなかったり。

 

更に興味が無いと分かると、手の平を返したように
その後連絡をしなかったり。

 

これでは、利用しようと考えただけだ!と思われても
仕方ありませんよね。

 

このように、暴走と言っても過言ではない行動をすれば
益々ネットワークビジネスの評判を下げる結果にもなるわけです。

 

また、それと同時に当然その人自身の評判を下げ
最悪はそのまま疎遠になっても仕方ありません。

 

しかし、良く考えて見てください。

 

あなたの周りの友人や知人の方々は
あなたの人生に関わってくれている、貴重な存在なはずです。

 

いくら成功の為とは言え、その方々を失っては
余りにも悲しすぎませんか?

 

私に言わせれば、取り返しの付かない事をしているとしか思えません。

 

もしも、あなたが

「ネットワークビジネスで成功はしたい!」

でも「友だちも失いたくない!」と思われるのであれば

この続きをどうぞ↓↓↓
口コミ成功者でさえ、「口コミ」で悩んでいることご存知でしたか