ネットワークビジネスの会社選びのコツ!無借金経営なら会社が潰れないって本当!?

【閲覧注意】手当たり次第に声かけした結果・・・

ネットワークビジネスに勧誘されると色々なメリットを伝えてきます。

特に「無借金経営するくらいいい会社だから大丈夫!」

などネットワークビジネスの会社が潰れないことをアピールしてきますが、

無借金経営の会社が潰れないのは本当なのでしょうか?

 

ネットワークビジネスはディストリビューターと呼ばれる販売員が

企業の代わりに製品流通の手助けをすることで報酬を得るという仕組みです。

企業側からみても、消費者と直接結びつくことができるので卸売に使う費用や

広告経費を使わずに製品を広めてくれるのでかなりお得なシステムとなっています。

 

では、無借金経営が会社の存亡とどう関わるのでしょうか?

結論を述べると「全くない」ということになります。

無借金経営は売上高と前年の繰越金(余ったお金)だけで経営しているということです。

確かに銀行や株主からお金を借りていないので一見安定しているようにみえます。

しかし、経営陣の判断次第ではすぐにでも倒産する可能性も秘めています。多くのサラリーマンが月給で働いていますが、働かなくなり給料が得られなかったら

大変なことになりますよね。

同じことです。

普通の経営と違うのは、お金の貸し借りがあるかないかの違い程度です。

無借金経営と会社の安定性を結びつけてまで勧誘をする人に

ついていくのはベストとは言えないでしょう。

売上高やディストリビューター組数といった

ネットワークビジネスに必要な要素を検証するのがベストかと思います。

 

さて、ネットワークビジネスの成功に不可欠なものは何でしょうか?

多くの成功者は「人脈」と答えます。

その中から、ネットワークビジネスに興味のある人、真剣に取り組む人を探すために、

ディストリビューターは勧誘を行っています。

もし、そういったネットワークビジネスに好印象の人を初めから集めることができれば

勧誘がかなり楽になると思いませんか?

私はインターネットでネットワークビジネスに興味をある人だけを集客しています。

その方法とは・・・続きはこちら↓↓↓↓↓↓

友達を作り出す!!あなたもできる驚きの方法!!