伝え方が命!ネットワークビジネスの成功者がやっている2つの秘訣

ネットワークビジネスでどうにもグループが大きくならずに悩んでいる方、必見です。

どうしても誘いづらい、誘っても断られてばかり。なのに成功者は誘った人がどんどん参加していく。

なぜ成功者ばかりどんどん伸びていくのか。それは「伝え方」にあったのです。

ネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスは、自分が起こした製品流通量によって報酬が得られるビジネスです。つまり、多くの人に製品を紹介して売上が上がると、その売上に貢献したとして報酬をもらうことができるのです。

しかも、紹介者をどんどんつなげていけば、それも売上に貢献ということで報酬をもらうことができるのです。

もちろん、そのつながりには限界がありますが、紹介をつなげていくことで安定した報酬を得ることができるようになるので、多くのネットワーカーが毎日ビジネスに取り組んでいるのです。

そんなビジネスですが、中でも成功者と呼ばれる人は数多くいます。

製品紹介を作り出し、月に7桁以上の収入を得る。自分で動く必要はなく、いつでもビジネスを引退できる環境でありながら、「楽しいから・他にも成功する仲間を増やしたいから」という理由でネットワークビジネスに取り組んでいるのです。

なぜそこまで成功できるのか。それは、伝え方にありました。

 

成功者は伝え方が違う!

ネットワークビジネスでよくある伝え方というのは、久しぶりの連絡から、夢や人生の話をしたあとにビジネスの話をすること。

多くのネットワーカー、ディストリビューターはこのような流れで話しています。

でも、冷静になってください。

誘われた側からすれば、いきなり大層な話からよくわからないものに誘われるのです。わからないことをやるのには結構な勇気がいるというのに。

ここで乗ってくれる人はホントの運命です。

ただ、ほとんどは断るでしょう。

では、どんな伝え方が良いのでしょうか?

 

成功者の伝え方

成功者は、「少し」だけ話すのです。自分のライフスタイル、価値観を普段の会話の中に「少し」だけ紛れ込ましておくのです。

そうすると、人間は少しのものに興味を惹かれて色々聞いてくるのです。

そのときに、ネットワークビジネスの考え方をこれまた少し伝えるのです。

そうすることで、「教えられる」から「学ばせる」という方向にでき、言われたことばかりしかできないロボットではなく、1人の事業主、ディストリビューターとして動くことができるようになるのです。

 

まとめ

成功者の伝え方はネットワークビジネスに参加させるだけでなく、その先のライフスタイルまで作り出せるような伝え方です。

1人1人がきちんと頭を使って行動できるようにする。誘ったときからそこまで見越して考えているのです。

強引なリストアップとはオサラバ!伝える人脈が途切れない秘密