権利収入を得るのに口コミでのビジネス展開には限界がある?

時間的自由と、経済的自由の両方が手に入る権利収入ですが、
kutikomi1
普通に暮らしていて権利収入を得よう!
と自分から思い立って行動する人は
なかなかいないと思います。
私もそうでしたが、やはり最初は
友達や同僚から「こんなビジネスがあるよ」
と教えてもらって、セミナーに参加し
どんなビジネスか勉強してから始めるのが
一般的だと思います。
 
人から人へ口頭でビジネス展開していく
いわゆる口コミビジネスですね。
 
昔やっていたビジネスでは
ビジネスを初めて
まず最初に教わった事は
「100人リストアップ」です。
 
聞いた事あるかもしれませんが
ビジネスを伝えたい人を
知ってる限り
とにかく100人書き出すという事。
 
そして、このリストに書いた人全員に
「久々にお茶しない?」と声をかけ
ビジネスを伝えていくのです。
まず私は100人も知り合いが
いなかったので最初30人くらいしか
書き出せませんでしたけど
「まぁいいや。輝く未来の為に頑張るぞ!
きっと皆も私に感謝するだろうなぁ」
とか思いながら
 
小学校からの親友3人を集めました。
「あのね○○ってビジネス初めたんだけど♪コレすごいんだよ!」
 
これだけしか言ってないのに
まだ一緒にやろうとも言ってないのに
 
「はぁっ!?」
 
ここからのトリプルアタックは思い出すのも
嫌なくらい猛反対されてしまいました。
私は日本での口コミビジネスのイメージが
こんなに悪いなんて知らなかったのです。
 
それでも諦めずに伝えまくりましたが
結局リストが底をつき
 
SMSで人脈を増やす方法を勧められます。
しかしながら、会う人会う人
同じようにビジネスをしている人ばかりなので
話は平行線。
 
みんなすでにもうビジネスをしているか
話を知ってる上であえてやらないよー!
このどちらかでした。
 
日本で口コミビジネスは
良い意味でも、悪い意味でも
広がりすぎている…。
結局ビジネス展開出来ず
活動費用も底をついて辞めざるを得なくなりました。
 
タイトル維持の為の買い込みや
毎日のお茶代、セミナー講習代で
70万近くは使ったかな?
 
まぁお金はまた働いて稼げば還ってくるので
人生の勉強に支払ったと思えば良いと思いましたが
友達に言われた一言が忘れられません。
 
「そういう話しされた側はショックだよ!」
「久々に会おうって言ってくれて嬉しかったのに」
「元気かな?って心配してたのに」
 
私は何か人生を変える手段を探していた方でなので
教えてくれた人に本当にありがとうッ!
 
と思っていたタイプでしたから
心底びっくりしました。
自分がビジネスを伝えてどうこう言われるのは別に良い。
ただ、わざわざ大切な友達を傷付けてまで成功する価値はあるのかなあ?
 
私の中での『成功』
の概念が変わった瞬間でした。
無くなったお金は還ってくるけど
この人たちのショックを受けた気持ちはなくならない。
 
前のように仲良く遊べる関係は
どうやっても還ってこない。
成功を収めたとき
一緒に喜んでくれるのは
ビジネス関係者だけ?
 
せっかく時間とお金の自由を手にしても
昔話をしたり心の底から楽しく笑える友達がいない?
私はそんな人生まっぴらゴメンですね〜。
幸い本当に仲の良い親友は
私があのビジネスを辞めるまで見守っていてくれたし
今でもしょっちゅう遊んでくれます。
 
しかし高校の友達、昔のバイト先の仲間からは
遠ざかってしましました。
 
Facebookなどで
旧友が結婚した、出産したとういう
おめでたい報告に一言「おめでとう」と
言いに行ってあげられない。
 
結婚式に呼んでもらえない訳です。
 
きっとそんな事に気持ちを振り回されないほど
意志の強い人が口コミビジネスで成功を収めるのです。
kutikomi2
目を閉じて想像してみてください。
あなたが時間と、お金の自由を手に入れたとき
隣にいてほしい人が何人も目に浮かぶはず。
その人達と歩む人生こそが
本当の成功だと思いませんか?

本当の自由を手に入れる!口コミなしの在宅MLM