MLM企業を選ぶ3つのポイント必見!

MLM企業を選ぶときの3つのポイント

 

MLMを選ぶとき、たくさんの美味しい言葉に
のせられてMLMを選んでしまうことがよくあります。
何事も冷静さは必要です、勢いでサインインして
しまうと失敗します。
企業を選ぶときに気をつけるべき大切な3つの
ポイントをお伝えしますね。
 

1.つぶれない、倒産しない企業を選ぶ

 
MLMを選ぶときに一番大事なこと、
それは、、、「つぶれない会社を選ぶ」ということです。
 
「なーんだ、そんなこと? 当たり前じゃない!」
と思いましたか?
 
ここが、わかっているつもりでも、意外と読めてないんです。
ネットワークビジネスの世界は入れ替わりが著しく
「出ては消え、消えては出る」ということが頻繁に繰り返されている世界です。
 
どんどん新企業が立ち上がっているのに、
設立後5年以内になんと99%がつぶれているんです。
この現状を知っていましたか?
 
だから、どの企業を選ぶかが非常に重要なんです。
特に設立したばかりの会社はお勧めできません。
 
「今がチャンス!」と、入会をあおる会社や
「簡単にダウンができる」というような宣伝している
ところは、要注意です。
 
焦って参加しても、会社がつぶれてしまったら、
支払ったお金は戻りませんし、自分のダウン組織ができていても
報酬は突然ゼロになります。
 
ダウンさんにも申し訳ない気持ちになり、信頼関係が崩れて
しまう可能性もあります。
 
こういったことから、
 
設立後最低5年以上は続いている実績のある企業を
選ぶことをお勧めします。
 
 

2.消耗品を扱う企業を選ぶ

MLM企業を選ぶときの二番目に大事な重要ポイントです。
 
それは消耗品、そしてリピート商品を扱う会社を選ぶということです。
 
もし、耐久消費財を扱ったら、まずは高額商品になるので、
売れれば収入は大きいので、魅力的です。
 
しかし、一回買ったら、リピート購入はありません。
浄水器ならフィルターをリピート購入してもらうということは
あるかもしれませんが、実際のところ毎月購入するフィルターの額は
かなり少額になりますし、毎月買うでしょうか。
 
となると、耐久消費財を購入してもらうための新規顧客を常に開拓しなければ
ならなくなりますので、権利収入を構築するというのは難しいでしょう。
 
その点、消耗品で1ヶ月で使いきれるものであれば
毎月の購入金額が少ないので心理的な負担もなく、 リピート購入なので
毎月の収入になります。
 
そして、扱う商品の質が良いということは、ネットワークビジネスの大前提
自分が使ってみて、良いものだから人に勧めるわけですから
多くの人に喜ばれているかどうかは、自分の目でよく確認することが大事です。
 
どんなに良い商品であっても、流通させることができなければ意味がありません。
 
実際に使ている人の体験談を聞いてみるなど、どんなところが
良いのかを、しっかり知る必要があります。
 
 

3.販売型か購買型かで選ぶ

 
ネットワークビジネスには大きく分けて販売型と購買型があります。
●販売型の特徴
その大部分は販売型で、従来の有名大手のA社、N社もそうです。
 
小売りがあるということは、仕入れておかなければならないので、
必ず在庫を持つことになります。
 
販売型は、ほとんどの場合大量に購入すると半額になるので、
ビジネスをするのだから、最初に安く買っておこうと購入してしまい、
まだ、売れるかどうかわからないのに始めから過剰在庫になってしまう
ことがよくあります。
 
その結果、売りさばくことができず、自分で消費するしかない状況になりがちで、
そのうえ、翌月もまた購入しなければならないので、ビジネスとして成り立たなく
こともよくあります。
 
 
●購買型の特徴
 
購買型はというと、メンバーは毎月自分が消費する分だけを購入
すればOKです。
 
商品を売る必要もなく、その商品やビジネスを紹介するだけで
購入者は会社から直接、商品を購入します。
 
小売りはしないので、仕入れもないので、在庫を持つ必要はありません。
 
購買型はこれから主流になっていくと思いますが
まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。
 
私は購買型をお勧めします。
 
小売りする必要がなければ、仕入れておく必要もないのですから、
被害なんて発生しないのです。