ネットワークビジネス業界に健康食品の規制緩和の追い風が!

現在、政府では健康食品の表示を規制緩和しましょう!という法案がどうやら通過して一部法制化されたようです。

サプリメントの商品構成の多いネットワークビジネス業界、この薬事法規制緩和でどうなるのか?気になるところですよね。

これまではサプリメントを売る時に、効能効果をうたうと法律違反でした。

たとえば、「痩せる」「血圧が下がる」「花粉症が良くなる」等という表現は全てNG。

そうでなくても、まだまだ世間からの目が厳しいMLM業界ですから、サプリメントの紹介をする際にこういった表現をすると、様々なところから訴えられるという事態にもなりかねません。

また、ネットワークビジネスを主宰する会社側も評判を気にして、ディストリビューターの法律違反については、厳しい対処をするところが多いのですね。

 

気になる規制緩和の中身とは?

ところが、今回の規制緩和で科学的データのとれているサプリメントに関しては、効能効果を表示しても良いという法律改正が行われてきたようです。

素晴らしいサプリメントを持っているネットワークビジネス主宰会社は、これで晴れて効果をうたうことができるかもしれませんね!

今までは結局何に良いのかよく分からなかったサプリメントが、きちんと説明して販売することができるようになれば喜ばしいことではないでしょうか。

ただ、いろんな健康食品の会社が一気に効能効果を表示するようになると、顧客の立場としては何を選んで良いのか分からず、混乱のもとになる可能性すらあります。

ネットワークビジネス発祥の国、アメリカの圧力があったのか分かりませんが、この法律緩和とも見られる改正のドタバタはまだまだ続きそうですね。

実際にアメリカでは、逆に規制を強化する方向に進んでいる状況のようですので、今後の推移から、まだまだ目が離せませんね。

ネットワークビジネスでは、製品の具体的な効能を歌えない分、ビジネスの報酬プランであるとか、システムであるとかをアピールする事にもなります。

中には一部の心ないメンバーによる強引な製品の押し付けや、過激なセールスを展開してしまい、これまでも度々社会問題となってきました。

この規制の緩和で、無理に製品をゴリ押ししなくても良い製品が、普通にアピール出来るようになれば、MLM業界の質的向上にもつながるのではと期待しています。

私は、現在そのようなセールスに受け取られる恐れの全くない、在宅でのネットワークビジネスを展開しています。

口コミ勧誘もしないので、クレームのない在宅での集客で成果を出しております。

 

とても進めやすいその詳細を知りたい方はこちらでどうぞ

↓ ↓ ↓

寝ている間に勝手にダウンが出来る驚愕の方法!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

長年生活するためだけに必死に働いていましたが、もっと自分らしく、イキイキと人生を過ごそうと不労所得を得て自由人になりました。 在宅で主夫をしながら、趣味の料理や仲間とのオフ会を楽しんでいます。