人見知りを克服するダイナミックな3つの秘策!

あなたは人見知りのほうですか?そもそも人見知りっていうのは人から拒否されたらどうしようという不安があり、知らない人に話しかけることがなかなか出来ないタイプなのですね。

これが人見知りをせずに拒絶されることを恐れず、人生を歩んでいければ、どんなに人生素晴らしくなるだろうと思っているかも知れませんね。

人見知りの自分を変えたいと重い人には、下記の3つの秘策を実践すれば人見知りを克服することが出来ると思います。

人見知りの人は、そもそも周りの人の思う事が基準だと思う傾向があるし、自分は「異端」だと思い込みがちです。これが人見知りの正体なのですね。

では、この厄介な「人見知り」を克服するには、どうすれば良いのでしょうか?それには次にお話しする「3つの秘策」を実践することで、克服出来るようです。

 

人見知り克服の3つの秘策とは?

まず、1つ目は初対面の人でも「この人とは以前から仲良しだったんだ」と思い込むと効果的なのです。いわゆる思い込みですが、案外コレは効きますよ。

見知らぬ人に話しかける恐怖心が、なかなかなくならないのなら、毎日一人見知らぬ人に話しかけてみて下さい。無視されてもかまいませんよ。

次の2つ目は、イベントに独りで出かけることです。友達が行かないから自分も行かないではなく、たまにはひとりで出歩いてみて下さい。実際にやってみると、いつもこちらから話しかける練習が出来ますよ。

人見知りだからと言って遠慮する必要はありません。挨拶であったり、ちょっとした声掛けを積み重ねていく内に次第に慣れてくるようになるからです。話題に困ったら、「5W1H」の法則を使いましょう。

「いつ、どこで、誰が、なにを、なぜ、どのように」です。人見知りに限らず、会話を広げるためにはこれらの質問は効果大なのです。

そして、最後の3つ目は、テレビとか雑誌などのマスメディアを見聞きして、周りの事に興味を持つ事です。

そうすれば、色々な知識や情報を得られるので、自分なりの意見とか自分なりの考え方を確立していければ、初対面の人にも堂々と話す事が出来るようになると思います。

 

人見知りだからこその利点

上記で4つの克服方法をあげてきましたが、そもそも「人見知り」って無理やり直さなければいけないのでしょうか?おとなしい性格だからダメだということはないと思います。

相手をよく知らないうちに深く関わると、痛手を受けることもありますよね。人見知りは損な性格と思わず、危機管理能力や人を見いだす力に長けていると思えば良いのではないでしょうか。

また、人見知りの人は、言う必要のないことを口に出してしまい、トラブルになることは少ないようです。それに人見知りだからこそ、それが利点になるということが結構あることを忘れてはいけません。

たとえば、人の心がすさみがちな現代社会においては、ある程度の警戒心は必要になります。女性の場合、むしろ「奥ゆかしい」というイメージを与えられることも出来て、それが個性にもなるのです。

積極的に意見を発しない反面、人の意見をよく聞き、その意見に対しての的確な意見が言える。他人をきちんと観察するため、人を見る目がある傾向にあるのではないでしょうか。

 

人見知りは魅力的な要素に!

そして、人見知りの人は強制的に聞き上手になれるようです。自分のことを話したい人が多い中で、ちゃんと話を聞いてくれる存在というのは貴重な存在だからです。

誰とでも仲良くなれる社交的な人と比べ、人見知りは一部の人と親密な関係を築くことができるため、結婚にも向いているといえそうです。実際にそういうタイプの人は離婚率も低いのだそうですよ。

相手の気持ちや反応を人一倍気にするため、細やかな気配りに向いている人見知り。客観的な分析能力やユニークな視点が備わることが多いのだそうです。

他人や場面をを静かに観察することから、見えない部分での地道な努力や色々な準備を周到に行う能力が高いといえそうです。また、人見知りの方は「他人から良く思われたい」という欲求が強く、そのための努力や準備は惜しまない傾向があるそうです。

人間の時間は一日24時間と限られているため、多くの人に時間を割く八方美人よりも、割く相手の数が少ない分、深い付き合いができるので、絆が深まるのだそうです。

人見知りって、現代ではすごく魅力のあるキャラクター要素になりそうです。

 

人見知りと同じくらい魅力的な在宅ビジネス方法!